まち歩き

[転載〕私の地図ラー道は、東京のガイドブックから始まった

一七歳の誕生日に、友達二人に誕生日プレゼント何がいい?と聞かれ、「東京のガイドブックかな?」といった。

女子高生の欲しいものが、メイク道具でも、可愛い雑貨でもなく、「東京のガイドブック」。

友達二人は、「そんなものでいいの?」「そしてなぜ東京?」と大変訝しがったが、本人が欲しいと言うことだしと、二人でお金を出し合ってプレゼントしてくれた。

おずおずと「これでいいかな?」と言われながらもらった。私はテンション上がって喜んだが、友達は私の喜びぶりを前に、?マークを頭に浮かべ、苦笑いしていた。

私たちは、千葉の、しかも東京へは1時間あればいける街に住んでいたので、「銀座のスイーツ巡り」みたいな雑誌の特集とかならまだしも、わざわざ東京全域の分厚いガイドブックを買う人なんて、あまりいなかった。

私は隅から隅までガイドブックを読み込んだ。

その時一番の地図趣味は、都内の地下鉄路線図をニヤニヤ眺めること。
大学探しのオープンキャンパスに行くにあたって、新ルートを通り、地下鉄全路線を乗り終えるのが楽しみだった。大学見るのは口実で、それを機にメトロ路線制覇という密かなチャレンジをしていた。大学は全部落ちた。

いま、地図が好きな人の集まり「地図ラーの会」に平井支部長として参加している。地図ラーの会が発行したリトルプレスには、このブログでまとめている「ノラ椅子」について路上観察の視点からエッセイとして寄稿させてもらった。*

そして思い出したのだ。

私の地図趣味は、東京のガイドブックからはじまった。

いつも街を知る時に、観光地的なミーハーな部分から入るのは、そういうスタートが影響している。

最終的に、大学院での論文では、文学批評だけど、東京が20世紀初頭、地方出身の単身女性にとってどのような居場所となり得たのかを分析し、東京の都市の成り立ちにページを多少割いている。

もともと小学生の時から、学校教科書で配布される地図帳をだらだら眺めるのが好きではあったが、地図マニアだったり、地形マニアだったりの人のように知識がたくさんあるわけではない。

街をどう眺めるか?何にぐっとくるか?を人の営みとの関わりを思うことが多い。土地の文化的な成り立ちとか背景については、研究寄りな視点でこれから再び調査していきたいと思っている。

宣伝*地図ラーの会リトルプレス「マチアルキスト みんなで作る リトルプレス」(千葉の鳥瞰図イラストしおり付き¥700+送料)は、地図ラーの会の通販サイト、または私から直接購入できます(お問い合わせください)。平井の解説マップも合わせて売っています。通販ではなく手売りで購入の場合は、二つ合わせてお釣り無し1000円ちょうどです!

note.muで公開した自分の記事を当ブログへ転載しました

海外旅の持ち物リスト

【海外旅、いつも何持っていく?という質問に答えました】
海外旅の持ち物
1、薄手ポシェット
2、ポケットティッシュ4個(ジップに入れる)
3、貼るカイロは日数分、冬場は2倍(ジップに入れる)
4、薄手の前空きジップパーカー
5、ミニバックー通常の持ち歩き荷物用
6、ノートとペン
7、自作のガイド冊子と行程表
8、地図
市販ガイドブックは外で持ち歩かず地図部分のみ切り取る。ガイド分は自作ガイドブックへコピー貼り付けたり記入しておく。グーグルマイマップの作成。
9、大判ストール(寒さ対策、枕や座布団、物を包んで隠す風呂敷代わりにする)
10、(夏以外)厚手パーカー
11、あめやグミ(乾燥対策と非常食:ジップに入れる)
12、救急セット(マスク、綿棒、絆創膏、頭痛薬、テーピングをジップに入れる)
13、洗面セット(詰め替えのシャンプー、ボディソープ、ミニ石鹸をジップに入れる)
14、細長いタオル2、3枚
15、(夏以外)ユニクロウルトラライトダウン
16、ノンカフェインのお茶パック3個くらい(ジップに入れる)
17、洗濯用にアルカリウォッシュ(ジップに入れる)
18、メイク洗顔道具(ジップに入れる)
19、パスポートコピーや保険証書(A5ミニクリアファイルに入れる)
20、ビニールジップを各サイズ2、3枚ずつ(IKEAのやつ)
21、電池や携帯の充電器(ジップに入れる)
22、(ゲストハウス宿泊時は)海外仕様ミニドライヤー
23、事前予約のチケットやその控えは行き先毎にクリアファイルに入れる
24、折り畳み傘
25、ビニール袋各サイズ2~5個づつ
26、軽くて丸められるエコバック(ピンクのがお気に入り)
27、お土産が多いときはトレーダージョー(アメリカのオーガニックスーパー)の丈夫なエコバック(大)
28、日数分より少なめの着替え(1、2回洗濯するか現地で追加購入)
29、おもちゃカメラ(旅によっては持っていかない)
30、ゲストハウスの共同シャワー用に、紐付きのビニールバック(荷物置き場がなくてビショビショになることもあるので、フックあれば掛けられると便利)
31、ゲストハウス用のビーサン(室内履き兼ねて共同シャワー室対策)
32、マスキングテープ
33、本(場合による 単行本・文庫本どちらでもその旅先で読みたい本)
34、小さくて可愛いメモ帳(タクシーの行き先書いたり連絡先渡したり、分からないことを書いてもらったり、簡単なお礼書いたりに使う)
35、現地へのお土産が必要な時・キットカット抹茶味かじゃがりこ、おせんべいなど
*泊まる場所のグレード、旅先と季節によってさらに間引き身軽にしていく。

なぜこのリストを作ったのかというと、2019年2月に、旅イベント仲間の古今東西好奇心の旅のミカドさんの「シルクロード辺境遊学」というトークイベントで、辺境旅に持っていく持ち物を解説していたから。辺境ならではの荷物と、彼女の旅ハックの知恵が詰まったリストで、イベント中も質問が集中して面白かったのだ。「さえこさんのリストも知りたい〜」との彼女からのリクエストで作成してみた。

私は、あまり辺境いかないので大概の使うものはなかったら「現地で買う!」をモットーにしている。でも結局ケチってありものでなんとかして買わないことも多い。
お土産持ち帰り用のバックとか絆創膏とかは追加購入よくする(記事冒頭画像はハワイ土産、ハワイっぽい柄のトートバックを激安ショップROSSで6ドルで買ってそこにお土産を詰め込んで帰りました)。

スーツケースやバックパックよりは、普段から使っているタウンリュックと小さな持ち歩きバックの組み合わせ多し。
日程が一週間を超えてくるとスーツケースかボストンバックが出てくる。

2週間ヨーロッパ旅の帰国直前で土産物も買って旅の中では一番荷物多い状態。
旅の中盤に利用するLCC対策でスーツケースはやめた。
手元が自作ガイド書き込んだノート。

すごく寒がりなので、寒がり属性が減ると荷物の3ぶんの1ぐらい減るんじゃないかなーと思っている。暑いアジアでも冷房対策に冬並みの対策していく。あとパッキングが大好きで、小さいカバンにたくさん詰め込めた時幸福を感じます。

ああ、旅立ちたい!

ノラ椅子図鑑

ノラ椅子を気がついたら収集していました。

バス停の前やスーパーなど公共空間の一角に、そのスペースの運用者以外の優しさや、運用者によるものであっても事前に設計されてない綻びから街に出現し、時に雨風に晒されながら存在する椅子。

私はそれを「ノラ椅子」と名付けて街の包容力の指標にしています。

これまで集めたノラ椅子を分類し、もう一つの椅子のnote.mu こちらへまとめていきます。‬

良かったらフォローしてください。

2018年12月7〜9日開催「地図だら」にて平井トークをしました

2018年11月17日~12月9日まで、平井の本棚では、千葉地図ラーの会とのコラボ企画、地図フェアを展開していました。
地図や地図本や地図グッズが勢ぞろい!いつもマニアックすぎて発見されることの少ない本やグッズが、この期間は特設コーナーでこんもり紹介されていました。

最終日3days 12/7,8,9は、2階のイベントスペースで千葉地図ラーの会の主催イベント「地図だら」が開催。地図に詳しいトークゲストが多数登壇し、地図を囲んでだらだら過ごす三日間となりました。

平井インターネット研究所・もう一つの椅子の川原も、12月9日に「平井ゆるトーク2」(第一回目は、平井の本棚が期間限定オープン中の2018年3月に開催していました)と題して、平井の地歴話し。平井トークといいながら新小岩トークを繰り広げるという、天邪鬼?! 

地図だら期間中は、平井を楽しんでもらうレクリエーション企画「平井スカベンジャーハント」の写真を展示しました。
*スカベンジャーハントの意味は「がらくた集め」。
指令にある場所を探して楽しむレクリエーションの一種です。

登壇者トークがたっぷりでほとんど誰も街に出なかった気もしますが(笑)、これを機にまた平井に興味を持ってもらい、遊びに来てもらえたら嬉しいです。

あわせて、2018年6月に千葉地図ラーの会が開催し、町歩きの案内役をつとめた際にまとめた「平井インスタ映えないまち歩きツアー」の平井まち歩きコースマップと平井解説付きの地図を改定し、平井の本棚で販売開始しています。どうぞ、店頭でサンプルご覧になってお買い求めください。

会場で告知しわすれましたが、浜松で地蔵をこよなく愛する人たちが作った地蔵専門ZINEや地蔵巡りZINEは引き続き店頭で扱っております。

「本のあるトコ研究室」講座の前編·後編へ参加

2018年4月27日・5月11日に、間借り本屋としてお世話になっている吉祥寺のカフェトリエで開催された「本のあるトコ研究室」講座の前編·後編へ参加しました。
この講座は間借り本屋仲間である、本屋Sumikaさんによる講座。内容は、もともとsumikaさんが取り組んだ本に関する卒業論文がもとになっています(詳しくはこちら)。
講座タイトルにある「本のあるトコ」とは、本屋や図書館のように、明らかに本を取り扱っている場所ではなく、街の中のお店やさん等で、本を置いているところをリサーチし、そこでどのように本という存在が機能しているのかについて研究していくというもの。なんらかの明白な理由なくとも、そこに本がある限り、お話を伺いに行き、集めたレポートを元に、本のあるトコの特徴をあげ分類などをします。

前編(4月27日)は開催場所である吉祥寺の本のあるトコ2箇所でインタビュー。
調査の様子をSNSでアップすることも研究員に課せられています(笑)

こちらはharenariというお酒とお食事を楽しむお店。

こちらは四歩というお食事と古道具と日用品のお店。

後編(5月11日)では各々研究レポートを元に各場所の「あだ名」会議。研究してる感満載でした!

講座で研究目的と研究方法をインストールした、私(もう一つの椅子)を含めた0期生はヒヨッコ研究員ながら今後も研究を継続します!
新規の研究生も講座ごとに募集されそうですので、一緒に研究しませんか?

各自研究レポートはカフェトリエで展示されているそうです!調査に同じ店を訪問したのですが、各研究員ごとにまとめ方が違うのも面白かったので、カフェトリエの日替りコーヒー屋を楽しみつつ、ぜひご覧ください。

本のあるトコ研究室の講座についてはこちらから

「もう一つの椅子」も6月にカフェトリエで映画に関する講座開催予定です。お楽しみに。

銭湯巡りのよいところ

毎年、下半期は江戸川区の銭湯スタンプラリーで銭湯巡りをしています。

銭湯巡りのよいところは、
1.知らない街の住宅街や路地を歩くので新鮮。

2.各銭湯の雰囲気やルールが違うので従う。違う価値観を尊重する。

3.その街の日常にお邪魔させていただく、という何とも言えない感覚が芽生える。

誰かの日常はわたしの別世界。わたしの日常は誰かの別世界。

その場でのマナーは大事に、よそ者だからこそ、福をもたらす人間になるべくふるまう。
その街にない情報や異なる価値観など私だからこそ渡せるギフトを差し出すイメージ。

2017年江戸川区ぶらり湯らりスタンプらり〜7月〜12月の間巡り、30軒達成。お湯の富士の檜風呂桶をもらいました!
江戸川区浴場組合
http://www.oyunofuji1010.com/
2017年スタンプラリーについて
http://www.oyunofuji1010.com/news/2017/06/post-99.php

【平井散策】江戸川区の当日レンタサイクルは24時間210円で11箇所のポートで貸し出し・返却可能(2017年11月現在)

街の散策に便利な自転車。
江戸川区では、1日24時間利用210円で、自転車を当日に貸りることができます。区外の方でも大丈夫です。
区内11箇所に貸し出しできる駐輪場があり、この11箇所であれば、同じ場所に返却してもいいですし、別のポートで返却してもOK。
貸し出しに必要なものは、身分証明書と利用料金のみです。
レンタサイクルの詳しい利用対象者、ポートの場所、利用方法については区のHPをご確認ください。
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/e_cycle/toujitsu.html

平井駅北口にはポートとなる駐輪場がありますので、平井・小松川散策にレンタサイクルはいかがでしょうか。

私のオススメコースは行きは、平井駅北口側から寺社仏閣を巡りつつ、旧中川沿いの遊歩道をサイクリング、大島小松川公園へいき荒川沿いサイクリングロードを往復するルートです。

平井駅北口ー平井聖天ー諏訪神社ー旧中川遊歩道ー富士塚ー白旗神社ー旧中川遊歩道ー旧逆井の渡し跡看板ー小松川神社ー大島小松川公園ー(寄り道:江東区・中川船番所資料館)ー(桜の季節:小松川千本桜)ー平井駅まで荒川沿いのサイクリングロードで戻る(寄り道:平井親和会商店街)ー平井駅北口

平井駅から大島小松川公園まで、道路でまっすぐ向かえば20分程です。桜の季節でしたら、荒川沿いで、「小松川千本桜」を眺めるのもオススメです。

平井駅まで往復をせず、東大島駅にもポートがあるので、そこで自転車を返却し、都営新宿線で東京方面・千葉方面に帰ることもできます。

【西荻窪 9/17(日)】旅の報告会:アイルランド・イギリス・フィンランド・エストニアの旅情報と旅を楽しむ文化的背景

旅の報告会:アイルランド・イギリス・フィンランド・エストニアの旅情報と旅を楽しむ文化的背景

日時:2017年9月17日(日)14:00-16:00
場所:西荻Okatte
http://www.okatte-nishiogi.com/
東京都杉並区宮前5-9-8
JR中央線「西荻窪」駅南口より徒歩14分
井の頭線「久我山」駅北口より徒歩11分
西荻窪の住宅街にあるキッチンのあるパブリックコモンスペースです。

参加費: 2,500円:当日支払
トークテーマにちなんだ軽食とドリンクをキッチンで作ってお出しします。軽食と言いつつ盛り盛りと5品ほど用意します。
定員:10名前後
申し込み方法:FBのイベント参加ボタンを押すだけでOKです。FB外はsaeko@bucyou.netまでお名前と人数をおしらせください。
*料理準備の都合上、前日までに出欠お知らせいただくと助かります。

2017年6月15日〜27日まで、ダブリン(アイルランド)、マンチェスター・ブリッチリー・ロンドン(イギリス)、ヘルシンキ(フィンランド)、タリン(エストニア)の4カ国を訪ねてきました。

・ダブリンでは、ダブリン出身の小説家ジェイムズ・ジョイスの代表作「ユリシーズ」を祝うブルーミングズデーへ
・テロに揺れBriexit(EU脱退)の議論真っ最中の猛暑のロンドン体験
・夜中まで明るいフィンランドでは夏を祝う夏至祭へ
・中世の街並みを残すエストニアの世界遺産・首都タリンへフェリーの旅
マンチェスターの図書館、ダブリンでの子ども向けプログラミング世界大会の話、フィンランドの子育て、IT立国エストニアの理由と独立を巡る歴史など時間の許す限りお話しします。

各都市について知りたい・行ってみたい人へ役に立つ旅情報と、「移動」と「支配・独立」をキーワードにした各都市の文化的背景などを交えながら、感じたこと、考えたこと、調べたことをお話ししたいと思います。「ヨーロッパ6月旅のススメ」です。ぜひ次の旅先の参考にしてください。

8月18日に千葉で開催してお料理と話ともに好評の旅イベント。
旅に行った気になる、行きたくなる、行ってないのに詳しくなる、旅するだけではわからない文化背景が知れる、そんな2時間をあなたに届けます。

*託児はありませんが子連れOKです。
*提供する軽食に、ナッツと小麦粉を使用しています。アレルギーあるかたは自己管理の上ご参加ください。

旅や街の歩き方に関心ある方は、お気軽にいらしてください。申し込みは、こちらのFacebookイベント参加ボタンを押すだけでOKです。FB外は、saeko@bucyou.netにメール(お名前と参加人数)をお願いします。

【お話する人のプロフィール】
川原さえこ:プライベート英語講師、フリーランス保育士。
「都市空間と女性の居場所」をテーマに文学や映画分析を大学院で研究。ミーハーなトレンドから、マニアックな所まで!その土地の暮らしや移民文化、歴史・文化的な背景を含めて知る、旅のコツと知識たっぷりの旅のたのしみ方をお話しします。

千葉:「ニューヨークの歩き方:最旬スポットから文化的背景まで」旅イベント開催

3度のニューヨーク旅と「都市における女性の居場所」に関する考察を大学院での研究テーマとしてきた川原さえこによる「ニューヨークの歩き方」をお話しするイベントを開催します。
実は一度8月に開催したのですが、「聞き逃した〜!またやってほしい」という声をいただき、再開催が決定しました。

イベント詳細:
【201さえこの部屋】New Yorkの歩き方:最旬スポットから文化的背景まで

日時:2017年1月20日(金)19:00-21:00
場所:千葉コワーキングスペース201 chiba-coworking.com/
参加費: 2,000円(当日支払、コワーキングスペース利用料・フリードリンク付、お土産にトークテーマにちなんだお茶菓子とオリジナルのNY旅のしおりが付きます)
申し込み方法:FBのイベント参加ボタンを押すだけでOKです

*第2回 201さえこの部屋*
テーマは再び「ニューヨーク」!
NYの最新スポット紹介しつつ、単なる観光ガイドだけでない、NYの移民文化の多様性や「場所」の考察を交えたお話にして、たっぷりNYを堪能する会。

前回の参加者からは「衝撃的でした!」「その土地の時代背景や歴史、文化を知ると旅行の楽しさだけでなくて映画や演劇や本の面白さが何倍にもなる」といった感想をいただきました。

今回は、お店情報など最新情報に改訂の上、テーマにちなんだお菓子と旅のしおりをお土産付きにして開催します!

NY好きな人も、これから行ってみたい人も、まだ行ったことのない人でもNY通になれます〜(笑)ガイドスライドと充実すぎる地図も公開。旅好き、海外カルチャー好きは是非ご参加ください♥
今アメリカで起こっているニュースを含めNYという場所が持つ意味について掘り下げていきます。

明日から「街」を見る目がちょっと変わってしまうかも。

トーク会でご紹介する「東京で楽しめるNYスイーツ巡りツアー」も別途企画あり〜(詳細後日)。

※「さえこの部屋」とは?…千葉コワーキングスペース201で開催するライトニング会から派生したイベントです。
ライトニングトーク会はこちらhttps://www.facebook.com/events/977745919005676/
ライトニングトーク会主催者のひとり、川原さえこが7分のプレゼンでは話しきれないテーマの文化・社会背景について様々な話題を取り扱います。どなたでもご参加できますのでお気軽にいらしてください。

申し込みは、Facebookイベント参加ボタンを押すだけでOKです。https://www.facebook.com/events/1804568803115586/
FB外は、saeko@bucyou.netにメール(お名前と参加人数)、または201にお問い合わせください!

【江戸川区 小岩】11/23(祝)大人のフィールドワーク会参加者受付中

子ども向けに増えつつある探求学習。
知識が増えた大人こそ、街の見方を変えて、探求学習を楽しんじゃおうという大人のフィールドワーク会です!

9月に野望の商店街「野望 comes true.」で発表した持ち込み企画が実現しました!

フィールドワークの基本は「観察」

目の前の世界をたっぷり味わう時間とることができます。
日頃意識せずに見過ごしてしまうこともよく見れば「気になる」ことはいっぱい。

じっくり観察したものを収集・分類したり分析したりして調査結果である「自分たちだけの地図」にまとめましょう!

街の空間を編み上げるのはあなたのその眼です。そんなあなただけの息吹が混じったニッチなオリジナル地図を作り、みんなで分け合い楽しんでみませんか?

「大人が思い込みメガネを外して探求することで、何かを発見できるフィールドワーク」というテーマはそのままに、街を歩き発見する楽しみとみんなで見つけたものをシェアし合い、発見をお土産に出来る楽しさをプラスしました。

第一回は「商店街」をフィールドワーク

野望の商店街に集まるみんなで、リアル商店街を散策~小岩駅周辺の商店街の「なんか気になる」を探ろう!

【 プログラム内容 】

  • ワークショップ:自分の「偏愛」を見つけよう!
    自分の興味を深堀り、街歩きのテーマを決定!
  • 街に出て散策。テーマに従って発見したものを、地図に書き込んでいきます。
  • オリジナルMAPづくり

散策から帰ってきたら、発見したものを大きな地図にどんどん書き込んでいき、オリジナルMAPをみんなでつくりあげます。そこには参加者全員の「好き」「偏愛」が詰まった世界で1つの小岩の散策MAPが出来上がります

【企画者/講師】

川原さえこ(フリーランス保育士/ 平井インターネット研究所)

保育士として親子向けアートピクニック会を開くほか、テーマに沿ったオススメ本を語る「本のライトニングトーク会」「NYの歩き方」など街歩きの愉しみと社会背景をクロスさせたトークイベントなどを主催している。おとなが社会の「余白」を楽しむ機会を増やしたいと思っています。趣味は、旅、公園で滑り台を見つけたらとりあえず滑る、ボードゲーム。

■ 日時

11月23日(水・祝)13:00〜16:00
*希望者のみ終了後は、近隣のカフェでお茶しましょう。

■ 集合場所
◎ 南小岩コミュニティ会館 和室

◎住所
江戸川区南小岩7丁目17番10号

◎交通手段
JR総武線「小岩駅」南口徒歩5分、フラワーロード商店街脇

■ 参加費用
2500円(おやつ付) ※当日現地で支払い

■参加方法
Facebookイベントページの「参加」ボタンを押してください
https://www.facebook.com/events/282910448775321/
FB外はsaeko@bucyou.netまで。