Author Archive: saekomi

平井インターネット研究所の居候。 フリーランス保育士/英語学習サポーター。 趣味はボードゲーム。旅行。語学学習。夢は小屋暮らし。 保育士として親子向けアートピクニック会を開くほか、テーマに沿ったオススメ本を語る「本のライトニングトーク会」、「NYの歩き方」など街歩きの愉しみと社会背景をクロスさせたトークイベントなどを主催。自由な住まい方、働き方、など社会の「余白」を楽しむための〈遊び〉を考察しています。

Points of You®︎の初めての体験会を開催しました【2017年9月】:参加者の感想と私の引いたカード「完了」に感じたこと

2017年9月10日、Points of You®︎のコーチングゲームを拡める認定エバンジェリストに2017年5月になって以来、はじめてのPoints of You®︎のワークショップを主催しました。

素敵な参加者の皆様のおかげで、無事完了。
そこで「はじめてのPoints of Youワークショップを終えた私へのメッセージ」を裏引き。そのまま『完了』のカードが出て来ました(笑)

 Points of You®︎カードの裏引きの効果についてはこちら

【コーチングゲーム Points of You】カードの「表引き」と「裏引き」はどう使い分ける?


まさに一つのチャレンジを終えて清々しい気持ち。
このカードの、綿毛がこれから飛び立つように、これは始まり、巣立ち。開催してみて得た感覚や至らないところの改善点をもとに、綿を飛ばして自分の周りに拡げていきたい。そんな決意を持った私の初開催の体験会でした。

以下は参加者の感想です。掲載の許可をいただいたので紹介します。

Points of youは偶然との出逢いから、他者との対話を通して、内省のきっかけをつかめるゲーム

まさにぴったりな表現。
悩みが面立ってないという人でもより考えを深めたり、意外なところから出たワードを自分に結びつけて楽しめます。

写真や言葉を見ながら、いくつか浮かんでくる自分の気持ちが、今気になってることなのだと改めて気付いた。

偶然引き当てた写真や言葉を見ながら、他者から質問を投げかけてもらうことで、自分の内面への問いかけができる点が、ゲーム性があって面白かった。

気になってるけど、あまり考えてなかったことたちが、プクプクと浮かんでくる。そんな経験ができます。
自分の無意識なので、他の参加者とのやりとりを通して、写真に自分が反映されてわかってくのが面白い。そんな「ゲーム」として楽しんでもらえて嬉しいです。

参加者の一人、アクセサリー作家のサチコさんは感想をブログにまとめてくださいました。
Points of You®︎舞い降りたカードから、私が受け取ったメッセージ。

同じカードでも見るたびに印象が変わることがあって、時間の経過と共に自分の視点が変わっている証拠で面白い。
ガイドしてくれるエバンジェリストさんが変わると、アプローチの仕方も変わる。もう慣れたと思ったPoints of You®︎でしたが、カードの選び方ひとつ取ってもはじめての体験のようで、ドキドキしました。

さらに追加の感想で、

視点が過去にズレている!と感じました。本当の課題は目の前の出来事ではなくて、私自身のこのクセかもしれないと思いました。これを意識的に直していけば、もっと気持ちのいい考え方を出来るようになるのかも。自分で自分のことを語ると、無意識だったことが明らかになると思いました。

とも。
カードから引き出される解釈や言葉は、自分では表立って気がついていなかった無意識の思いや気持ちに気づいてスッキリするきっかけにもなります。過去も未来の自分も、今ここにある自分の視点を観察することからみえてくるのかもしれません。

参加者の皆様、素敵なご感想をありがとうございました。
体験会は随時今後とも開催予定です。開催のリクエストやお問い合わせはsaeko@bucyou.netまで。

関連記事:Points of You®︎とは?

【コーチングゲーム Points of You】個人でも親子でもビジネスのチームでも、直観的にアレンジして使えるツール

【江戸川区 平井グルメ】「平井 魚政」注文してから焼いてくれる鰻の名店

[2017.10月]夏の土用に、鰻を食べ損ねたし、少し寒くなってきて風邪気味なので精をつけようということで所長と鰻を食べに。
平井の鰻の名店といえば「魚政」。昭和29年創業です。来訪は2度目。
年に1,2度とはいえ地元の千葉や東京都内の老舗鰻屋さんにはいくつか行ったことがありますが、今までで私の一番好きな鰻屋さんです。

私たちはうな重・上(写真)を注文。

香ばしい焼き加減ながら身は柔らかく、甘めなのにしつこくないタレが、やや硬めのご飯に合うので食べやすいです。ご飯のボリュームが抑えめなのも少食の私にはちょうどいいです。

うな重の付け合わせには、香の物と肝吸いがついてきます。この漬物がまた漬かり具合がよくて、とても美味しいです。HPによると初代より受け継いだ糠床とのことで、そう知るとお味に深みがある気がしますね(単純w?)。私は漬物があまり好きではない分、鰻屋さんの付け合わせの漬物にがっかりすることが多いので、漬物が美味しく感じれるとちょっと嬉しいです。

ちなみに、天然うなぎの提供は4月〜11月の間、お値段は時価。来店時の手書きのメニューを見ると、冬は鍋料理ですき焼きだけでなく、あんこうや松葉ガニの鍋なども楽しめるようです。

「うなぎ大好き」というサイトで見た魚政の記事では、白焼きや、お刺身や小鉢も美味しそうなので、ちょっと特別な夜に伺いたいものです。

多くの美味しい鰻屋さんがそうであるように、注文してからの調理になるので、40〜50分ほど待ちます。じっくり時間に余裕を持った来店をお勧めします。

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現9】Hilarious!

Hilarious!は、funny(面白い、可笑しい)の代わりに使えます。日本語の感覚だと、「ウケる!」と訳せるかもしれません。可笑しな投稿、ハプニング動画を見た時の反応に使うことができます!政治家を揶揄したり、ユーモアのあるコメディショーなどでよく聞く表現です。

こちらは、インスタグラムで@decentbirthdayさんが、Uberのドライバーを呼んだ時のハプニングの画像投稿。

どうみても、呼んだ車は海の真ん中を走っていますw大丈夫なんでしょうか?
会話は、
投稿者:You good?(ねえ、大丈夫?)
ドライバー(Deneshさん):hi on way(今向かってる) ,am lost(道に迷ってる)
投稿者:How did this happen denesh?(Denesh,どうしてこうなった?)

That’s hilarious! 

how did this happen dinesh

decent pigeonさん(@decentbirthday)がシェアした投稿 –

本屋同行&本屋ツアーwith Points of You:いつもと違うアプローチから本探ししてみませんか?

日頃は、アマゾン等ネットショッピングで欲しい本のタイトルだけ入力し、買っているあなた。
偶然の出会いから普段なら手に取らないような本を探してみませんか? 
写真のコーチングゲーム・Points of Youを使って、潜在意識からあなたが本当に欲しい本と出会うためのキーワードを引き出します。

アマゾン等では「この商品を買った人はこんな商品も買っています」と表示され、関連する本や、自分では見つけなかった本を知ることができます。
一方でPoints of Youでの本探しは、ネット検索で出てこない、あなたの内観から届くキーワードです。

先日、お一人目のモニターさんの本屋同行を実施!
Points of Youでの写真の解釈を楽しんでいただき、そこに基づいて書店で本探し。
日頃はお仕事に関する専門書を読み、本屋に行くことはほとんどないそうですが、「普段読まないジャンルの本を読んでみたいけど探し方がわからない」と、参加してくれました。

「キーワード検索で本を探す。ということが新鮮でした。」「自分にあった本を探すことを楽しみたい」とのご感想をいただきました。

写真から出てきたキーワードを、ご自身で感じている現在の課題と結びつけるのですが、Points of Youを通して出てくるイメージや言葉は、お互いに「リフレクション(反映)」するのが特徴です。グループでのお申し込みだと気づきも広がるので、グループ(割引あり)でのご参加もオススメです。

普段、本と縁遠い方にこそ、今までと違った本との付き合いや楽しみ方に触れられると思います。
また、本が好きな方も、決まりきった自分の本の探し方から離れる機会に、コーチングゲームPoints of Youと本の組み合わせを楽しむきっかけに、お申し込みいただけたら嬉しいです。

2017年10月〜11月、モニター受付中です。
料金:¥5,000:事前のクレジット決済(当日カフェでの飲食代はご自身でお支払いください)
私から継続英語レッスンを受けている方、2~3名のグループ申し込みは一人当たり¥4,000。
場所は東京都内。
詳細は、こちら。申し込みは川原さえこFBメッセンジャーまたはこちらの申込フォームまで。

【コーチングゲーム Points of You】カードの「表引き」と「裏引き」はどう使い分ける?

オンラインのお話会開催〜【わらしべ旅語りシリーズ】第一夜:旅が生み出す「隙間」とは?(2017.10.6 Fri)

【わらしべ旅語りシリーズ】第一夜:旅が生み出す「隙間」とは?(2017.10.6 Fri)
〜いろんな国や地域を旅して異文化を紹介するイベントを開いてきた二人が旅そのものについて考え、語るオンライントークシリーズ〜  

奈良中部をベースに旅の拠点と旅人文庫(図書館)を作りたい「古今東西の好奇心」プロジェクトを運営する関西の御門文と、移動型コワーキンググループ「もう一つの椅子」プロジェクトを運営する関東の川原さえこ。

御門は中国・中央アジア・中東などのシルクロード・イスラーム圏を旅し、川原は欧米・北欧圏を旅しながら、現地文化の面白さに触れ紹介するイベントを主催して来た大の文化・歴史好きでもあります。

このシリーズでは、そんな二人が旅することで感じる面白さや、旅の効用、旅とは何かを語っていきます!

記念すべき第一夜では、【旅が隙間を作るとは?】をテーマに話します。
二人が旅の経験や日常生活、読書から感じる「隙間」の重要性と、それを効果的にもたらす「旅」の可能性について語りますので、お茶を片手に聞いてもらえたら嬉しいです。詳細・申込みはFBイベントページへ。問い合わせ saeko@bucyou.net

私たちは、砂漠のキャラバン。旅から旅へ、助け合い、知恵や豊かさを分け合う、そんな「わらしべ旅」の魅力やあり方を実践するための実験的な企画になっています。よろしかったら、キャラバンへご参加ください。

なお今回は場所を選ばない「旅人らしく」、2つの実験的要素を兼ねています。
一つは、ノマドな繋がりを作ること。
主催の二人は奈良と東京、参加者は世界中どこからでもオンラインでイベント参加できます。
オンラインミーティングサービスのzoomから視聴できます(参加者の皆様と一緒に様々なオンラインサービスを学び活用する裏の趣旨もあります)

二つ目は、参加費を「投げ銭」とします。
参加チケットをオンラインのフレンドクラファンサービスのpolkaからお支払いいただくという形を試させて頂きます。
頂いた額は、これからの二人の活動の応援費として頂戴します。緩やかな繋がりから、旅人同士助け合い、知恵や豊かさを「わらしべ長者」のように紡いでいくあり方を追求してみたいという発想がベースにあります。

お手数をおかけいたしますが、初めての方もぜひこの機会に「Zoom」「Polca」を使ってみていただければと思います。

【参加費・応援費】一口1,000円。
フレンドファンディングアプリPola(ポルカ)をスマートフォンからご登録・お支払いをお願いします。

Polcaでのイベント登録・お支払いはこちらから:
https://polca.jp/projects/5oP37NjmFK6
*参考:Polcaの使い方*https://hello.vandle.jp/usage-polca/

【参加方法】ご参加の方は、FBイベントページの参加ボタンを押していただくと共に、事前にPolka(https://polca.jp/projects/5oP37NjmFK6)からお支払いください。
お礼メールにてzoomでのイベント招待コードをお送りしますので、そこから視聴者としてご参加ください(FBでの参加ボタンだけではお礼メールは送られません)。
PCはURLをクリックすれば繋がります。スマホ・タブレット(アプリダウンロードが必要)からもご参加いただけます。

Zoomに付いて詳しくはこちらにクラウドミーティング参加方法の記事が掲載されています:https://zoomy.info/manuals/sanka/ 

【主催者プロフィール】
御門 文
・わらしべ旅。(人に出会いながら可能性を広げていく旅)
・愛旅ソムリエ(好奇心を育てる旅や読書のお手伝い)
・通訳案内士(英語)、総合旅行業務取扱管理者、旅プランナー。ローカルガイド。スパイスインストラクター。
・シルクロード・イスラーム歴史文化研究家。
・奈良の奥大和を中心に旅を楽しむ拠点(キャラバンサライ)、及び旅と世界文化のイベントや読書をする多目的図書室「旅人文庫(リフラ)」と、旅と地域の仕掛け人達を結ぶコミュニティ(わらしべキャラバン)を作るべく準備中。「生命と時間を感じて生きる森の暮らし」、「わらしべ力(人と人が繋がることで生まれる力)」、「非常識な常識」、「巡礼旅ネットワーク作り」、「旅に行けない人が楽しむ」、「好奇心を育てる」、「リモートイベンター」がキーワード
・ウェブサイト:https://ayamikado.world/

川原さえこ
・英語講師
・フリーランス保育士
・インバウンド向け体験ガイド(東京board gameカルチャーツアー)
・旅イベントや本のライトニングトーク会主催
・コーチングゲーム・Points of You認定エバンジェリスト
・本屋同行&本屋ツアーwith Points of You。
「もう一つの椅子」という移動型コワーキンググループのマイプロジェクトを開始している。「立ち止まる」「隙間を楽しむ」「視点の枠を超える」がキーワード。
・ウェブサイト:http://hirai.bucyou.net/blog

【2017年10月1日現在】川原さえこのプロフィール&お仕事・活動メニュー

プロフィール

趣味:料理・お菓子作り、旅、語学、まち歩き、気になったことを調べること、知識・経験から世界を学ぶこと、board game、江戸川区の銭湯巡り、水鉄砲遊び
資格:TOEIC860点、保育士、手話検定5級、博物館学芸員資格、比較文化Ph.D、POINTS OF YOU認定エバンジェリスト
人となり:乙女座(しいたけ占いが好き)、数秘5、ストレングスファインダー[1 最上志向 (影響力)2 内省 (戦略的思考力)3 運命思考 (人間関係構築力)4 ポジティブ (人間関係構築力)5 適応性 (人間関係構築力)]

8つのお仕事・活動メニュー

1.英語学習サポートレッスン
英語レッスンをプライベート・少人数グループ向けに行なっています(対面:千葉・平井・銀座・有楽町/オンライン可)。聴く、読む、書く、話すの全技能を駆使した「筋トレ」「脳トレ」のようなレッスンです!
*2017年10月スタートの継続ご新規募集中  詳細はこちら、お問い合わせフォームはこちら
 
2.本のライトニングトーク会
テーマに沿った本を持ち寄りプレゼンし、テーマにまつわる経験をシェアする会です。千葉コワーキングスペース201にて開催しています。

3.旅のトークイベント
旅に行った気になる、行きたくなる、行ってないのに詳しくなる、旅そのものが好きになる。そんな2時間をあなたに届けます。
開催事例
その1「New Yorkの歩き方:最旬スポットから文化的背景まで」
単なる観光ガイドだけでない、NYの移民文化の多様性や「場所」の考察を交えたお話にして、たっぷりNYを堪能するイベント。
その2「アイルランド・イギリス・フィンランド・エストニアの旅情報と旅を楽しむ文化的背景」
「支配・独立」をキーワードにした各都市の文化的背景などを交えた4カ国旅の報告。お料理と話ともに好評の旅イベント。
その3「わらしべ旅語りシリーズ」
「古今東西、好奇心の旅」の旅人、御門文さんとコラボレーションした、旅語りのシリーズをオンラインにて開催。 https://www.facebook.com/events/273081979869496/

4.フリーランス保育士:ボランティア活動を中心に活動中。

子どもの世界を邪魔しないで同じ目線で共に楽しむ「猫のような保育者」です。保育と遊びに関わるお話があればお問い合わせください。 saeko@bucyou.net

5.コーチングゲームPOINTS OF YOU認定エバンジェリスト
・グループワークショップ(体験会Part1&Part2)、個別セッション、オンライン定点観測会(隔月18日開催)。そのほか、親子向けコミュニケーションゲームと組み合わせたワークショップも可能です。
申し込み、お問い合わせはこちら

6.Tokyo guide tour for vistors(準備中:通訳案内士受験)

7.「もう一つの椅子」移動式コワーキンググループ
(準備中)

8.本屋同行サービス&本屋ツアーwith Points of You

時に「歩く百科事典」と呼ばれる知識探求家・川原さえこの、本屋同行サービス&本屋ツアーwith コーチングゲームPoints of You(東京都内)。探したい本探しの知恵を知りたい方や、思いがけないアプローチからの「自分では見つけられない本との出会い」をしたい方向けです。詳細・お申し込みはこちら

英語×本×保育×旅 
お仕事依頼、各種活動お誘い募集です。saeko@bucyou.net

【英語学習サポートレッスン】日本人の苦手な発音は、この2冊があればコツを掴めます

英語の発音がきになる方。
ネイティブに発音が悪くて通じなかった、と悔しい思いをしたことがある方。
日本人の苦手な発音をなるべくネイティブに通じやすく発音を身に付けたいという方。
この2冊があればコツが掴めます。

1冊目:
リチャード川口『バンクーバー・発音の鬼が日本人のためにまとめたネイティブ発音のコツ33』
・日本人にはわかりにくい母音の口の動かし方、日本語にはない子音の音の出し方など、一音一音確認できます

発音で気をつけることを分解すると
1.母音や子音の1つ1つの音の出し方
2.それぞれの単語の強弱のつけ方
3.単語同士の音の繋ぎ方
4.文全体の抑揚と強弱のつけ方
になるのですが、この4つをわかりやすく網羅した内容になっています。この1冊を繰り返し忠実に練習すれば、発音のコツは掴めると思います。

アルファベット一つ一つの発音方法を学ぶのには、「フォニックス」。日本の子どもたちが幼児番組で「あいうえお」を声に出して学ぶように、ネイティブの子どもたちが必ずやっている、アルファベットの発音練習。これを大人向け英語学習者にまとめたのがこちらの本。
ジュミック今井『フォニックス<発音>トレーニングBOOK』
・「フォニックス」の発音知識がベースにあると、1冊目の本がよりわかりやすく頭に入ってきます。

英語の学習のステップにおいて、通じやすい発音を知ることは、自分が話すときだけでなく、「聞き取り」の力に大きく影響してきます。
発音の仕組みを知って「聞き取り」の力をあげる。次に聞こえた音と文字(読み)を一致させる。話すための練習をし、英語の文をすらっと口に出せるようになる。そこで初めて発音が練習できると私は思っています。

英語は世界の共通語です。それぞれの国の喋り方の特徴やその背景を知ることもグローバルな環境を知るきっかけになります。日本人の場合、全体に抑揚がなく平板で、過剰に母音を発音しますが、それは日頃当然のように使用している「日本語らしさ」を思い返すことができます。発音が大切であることに変わりませんが、私は〈綺麗な〉発音が全てだとは思いません。一つ一つの発音がなまっていても「文の組み立て」と文全体の音の抑揚ができていたら通じやすいと言われています。

もちろん発音が相手にわかりやすく通じれば、よりスムーズなコミュニケーションとなります。発音の仕組みを知ると言語の違いを楽しめますし、英語学習全体のレベルアップができます。レッスンでは教材の聞き取りのポイント=発音のポイントも意識してお伝えしながら、一つの会話文を徹底マスターしていきます。

*「英語学習サポートレッスン」
2017年10月より継続レッスンを受ける方を募集しています(直接の知り合い・ご紹介・FBグループのタイムラインで見かけたもOK)。
詳細・お問い合わせフォームはこちら
継続申し込みを迷っている方は、「⑶【レッスン説明・体験レッスン】」をお選びいただけます。気軽にご相談ください。
〔こんな方へオススメのレッスンです〕
・英語を英語のまま理解し聴いて話すトレーニングをしたいあなた
・日本語英語を卒業して通じやすい英語表現を知りたいあなた
・TOEICスコア(600点~700点代)とスピーキングスキルのギャップに悩むあなた

【ストレングスファインダーのワークショップに参加】自分に《ない資質》を素直に知る機会になる

2017年9月23日(土・祝)、琴市しづかさん(ブログ「自分の心を殺してはいけない」)が主催する第2回ストレングスファインダーのワークショップに参加しました。

琴市しづかさんによるブログ記事:
今回の様子はこちら
前回の様子はこちら

ストレングスファインダーは人の強みを34の資質に分けて診断するもの。資質の順位が高いものほど、その人が発動しやすい強みになります。受けたことがある人同士でないと、その特徴について語り合えない部分があるので、いろんな資質の方とストレングスファインダーネタで盛り上がれたら楽しそうだなと思って参加しました。
今回のワークショップで取り扱った資質は「運命思考」「共感性」「調和性」「最上志向」「内省」「戦略性」の6つ。それぞれの資質のグループに分かれ、「好きなこと・得意なこと」「苦手なこと・イライラするポイント」などを中心に共通点を話し合います。最後は発表・質問タイムでそれぞれの特徴や違いをシェアします。
私は、「運命思考」のグループに。色々な話が出ましたが、出来事の背景に肩入れするので、ドキュメンタリーがみんな好きだったのが面白かった。

私のストレングスファインダーの結果とストレングスコーチを受けた際の感想をまとめた関連記事:

ストレングスファインダー診断結果とストレングスファインダーのコーチングで気がついた「自分の取扱説明書」の必要性

自分の強みTop5「最上志向」「内省」「運命志向」「ポジティブ」「適応性」のうち、上位3つがテーマに取り上げられたこともあって、多くの発表が「わかるわかる!」の連続だったり、同じ資質でも組み合わせが違うと「え?そういう考え方もあるのか」と違いに驚いたり。
例えば同じ最上志向でも、「最上の結果を求めるために、逆算して、できることを積み上げていく」タイプの方がいて、勉強になりました。
完璧主義で自分にダメ出ししがちな私を改善するヒントになりそうです。一歩一歩積み上げることが大事。

今回のお話で最も興味深かったのは、私にとって17位と、順位が真ん中にあるため、ほとんど意識の及ばない「調和性」のグループの発表。

・最初から落とし所を探る
・自分の主張で波風を立てるのが嫌
・場の空気を変えるのが得意

「最初から落とし所を探る」はあまりに自分にない発想。興味津々となりました。
バランスを常に意識しているそうで、最初と最後になって目立ちたくないということで発表順も真ん中を選ぶ「調和性」グループ。
「よりよく」を目指して仕事に終わりがない最上志向に対し、「この活動の落とし所はいつやってくるのだ?」ときっとイライラ、ハラハラさせているのかも、と感じました。

琴市しづかさんによる、このワークショップ開催は2回目。参加者の資質に合わせて、どの資質のグループになるかは変わるので、その場に居合わせた人で、毎回違った楽しみがあると思います。「資質のあるあるネタで盛り上がりたい」「自分にない資質の当たり前を知りたい」時に、お互いの声を聞くのに気軽な機会になると思います。
私にとっては、自分に《ない資質》を素直に知る機会となりました。

【英語学習サポートレッスン】超初心者には「くもん」、初級者には「英検」をお勧めする理由

先日、「【英語学習サポートレッスン】「オススメの勉強方法」と「英語に触れる機会をいかに増やしているか」」という記事で、英語の勉強方法に「ディクテーション」「シャドウイング」「Q&Aシャワー」がオススメであること。その時、使う会話スキットのレベルをその人にとって「簡単すぎる」と感じるくらいの文を使うのがコツと書きました。
基本的に私のレッスンを受けるのであれば、文法力では英検準2級〜2級レベル(学生時代など過去に取った方含む)ぐらいからが適していると感じています。中学校レベルの文法や単語があやふやであっても、ある程度英語が頭に入っている人であれば、あやふやな部分を固めていく意味でも、全く同じ方法をお勧めしています。

【英語学習サポートレッスン】「オススメの勉強方法」と「英語に触れる機会をいかに増やしているか」

超初心者向けには「くもんの基礎固めシリーズ」

ただし、この方法は、「文法力と実際のスピーキングスキルのギャップを埋める」のに適しているので、文法がほとんどわからない、単語力がない超初心者の方には、効果が感じにくいかもしれません。
そんな方には、文法の基礎の基礎には公文式のテキストで文法をコツコツと学習するようにお伝えしています。理由は、わかりやすく、小さなステップから確認できるから。
『くもんの中学基礎がため100%中1英語 文法編―学習指導要領対応』という〈基礎がためシリーズ〉がお勧めです。

初心者には「英検」で文法のレベルチェック

自分が初心者という自覚をしている方は、英検3級が中学校3年レベルの文法をカバーしているので、英検の3級のテキスト(どれでもOK)や英検HPで公開されている過去問題を解いてみて、今どの程度の文法力かを客観的に見つめ直すことが必要だと思います。また単語を増やすためには、CD付きの単語帳の例文をシャドウイングして、文ごと丸暗記するのをお勧めします。

文法教材を使って「ディクテーション」「シャドウイング」「Q&Aシャワー」をすることもできます。
継続レッスンは受けないかもしれないけれど、「英語勉強どうやるの?」「英語のレベルチェックを一緒にしてほしい」というご相談は「【単発】英語学習相談 ¥3,000+出張費・飲み物代(独学やオススメの学習法、短期のテスト対策など)」で受け付けています。あなたの英語学習のモヤモヤを一緒に考えてみます(直接の知り合い・ご紹介、FBグループタイムラインで見かけたもOK)。お申し込み・お問い合わせはこちらです。

【Points of You】同じカードでも一人一人の感じ方、見え方が全く違うことを体感するワークショップ

Points of Youは「同じカードでも一人一人の感じ方、見え方が全く違う。」「同じカードでも、昨日と今日では違って見える。」のが面白いところです。今のあなたの状態を反映します。
体験会で行うワークでは、そんな違いを感じ、わたしとあなたの視点のスイッチを体感することができます。

あなたとわたしで、違う、けど同じ。
違うテーマで共通点が見つかったり、同じテーマでも別の視点を知ることが、お互いに反映して、”今のあなたに必要な気づき”をもたらします。

夫婦、同僚、親子、チーム。
とくに身近な間柄だと「言わなくてもわかるでしょ?」となりがち。
ところが、あなたと私で見えているものや感じているものは違うかもしれない。
「今日、雨が降った」こと。
同じできごとでも、私にとっては「今日は洗濯物が干せなくてイライラ」の元。
でも、あなたにとっては「今日は出かけないから、他の家事がはかどる。降ってよかった!」かもしれないのです。

一つのできことに対して、目に見えない互いの違い。

写真から得られる感覚を辿って違いを知ると、すんなりと理解できたり、相手の視点への尊敬に変わったりします。
自分の側からの印象で、相手の性格や考えていることを押し付けていませんか?
相手の内側から引き出される感覚や言葉にじっくりと耳を傾けて見ませんか?

川原さえこPoints of Youの体験会は、以下の日程で募集中です。なんだか写真が気になるあなたは、ご参加ください。
【千葉】 いつもの自分から離れて視点のスイッチを体感する〜コーチングゲームのワークショップ
日時:2017年10月20日(金)19:00-21:00
場所:千葉コワーキングスペース201 https://chiba-coworking.com/
参加費:¥3,000/当日支払い(フリードリンク付)
定員:8名
申込方法:Facebookのイベントページの「参加ボタン」を押すだけでOK
FB外での申し込みは、saeko@bucyou.netへお名前と人数をおしらせください。または201へお問い合わせください。

2017年も残り100日を切りました。
年末に向けて慌ただしくなってくる前に、ゲームを使い自分との対話の時間をとりませんか?

子ども向け・親子向けにコミュニケーションと組み合わせたPoints of Youのワークショップ
年内申し込みはモニター価格で募集中です。お問い合わせください。