【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現4】be thrilled ~

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現4】be thrilled ~
例を出すと、パーティーや会合の挨拶などで、I’m thrilled to be here.新しい製品を紹介する時に、 We’re really thrilled to announce our new product.など使います。

スリル?怖い?と日本語に引っ張られるとわかりにくくなりますが、例文の状況から言ってネガティブに怖がっていないことは明らか。スリル=怖いをヒントにして、スリルを感じる状態になっている、ということは「ゾクゾクする、ワクワクする、楽しみ」のようなポジティブな意味で使えます。

でも、日本語で意味を覚える感じではなく、例文をニュースやネイティブのSNS投稿から集めたり、リスニングの時には、実際にどう使っているか集中して聞いておき、こんなタイミングで”be thrilled”表現を使っているのだなと知るのが使いこなすための近道です。

HelloGiggles(女性のトレンドや話題を配信するサイト)のニュース記事に、タイトルの中でbe thrilledが使われています。
”If you love root beer, you’ll be thrilled to know this fast food joint is coming back in a big way”となっています。this fast food joint は、一時は破綻も危ぶまれたものの、最近大きく復活しきている老舗のハンバーガーチェーンA&Wのこと。 タイトルを訳さなくても、なんとなくどんな記事か予想ができたらGoodです。
If you love root beer, you’ll be thrilled to know this fast food joint is coming back in a big way

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です