【江戸川区 平井グルメ】「平井 魚政」注文してから焼いてくれる鰻の名店

[2017.10月]夏の土用に、鰻を食べ損ねたし、少し寒くなってきて風邪気味なので精をつけようということで所長と鰻を食べに。
平井の鰻の名店といえば「魚政」。昭和29年創業です。来訪は2度目。
年に1,2度とはいえ地元の千葉や東京都内の老舗鰻屋さんにはいくつか行ったことがありますが、今までで私の一番好きな鰻屋さんです。

私たちはうな重・上(写真)を注文。

香ばしい焼き加減ながら身は柔らかく、甘めなのにしつこくないタレが、やや硬めのご飯に合うので食べやすいです。ご飯のボリュームが抑えめなのも少食の私にはちょうどいいです。

うな重の付け合わせには、香の物と肝吸いがついてきます。この漬物がまた漬かり具合がよくて、とても美味しいです。HPによると初代より受け継いだ糠床とのことで、そう知るとお味に深みがある気がしますね(単純w?)。私は漬物があまり好きではない分、鰻屋さんの付け合わせの漬物にがっかりすることが多いので、漬物が美味しく感じれるとちょっと嬉しいです。

ちなみに、天然うなぎの提供は4月〜11月の間、お値段は時価。来店時の手書きのメニューを見ると、冬は鍋料理ですき焼きだけでなく、あんこうや松葉ガニの鍋なども楽しめるようです。

「うなぎ大好き」というサイトで見た魚政の記事では、白焼きや、お刺身や小鉢も美味しそうなので、ちょっと特別な夜に伺いたいものです。

多くの美味しい鰻屋さんがそうであるように、注文してからの調理になるので、40〜50分ほど待ちます。じっくり時間に余裕を持った来店をお勧めします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です