【開催報告7/29】千葉「201のライトニングトーク会〜「働き方」を考える本編」

2016年7月29日(金)19時〜21時、千葉コワーキングスペース201にて、「201のライトニングトーク会〜「働き方」を考える本編」を開催しました!
ご参加の皆様ありがとうございました。

私は、伊藤洋志『小商いのはじめ方』・紫牟田伸子+フィルムアート社・編『日本のシビックエコノミー』など小商いやシビックエコノミーなど昨今注目が高まっている「働き方」のキーワード話から、西村純子『子育てと仕事の社会学:女性の働きかたは変わったか』を取り上げ、既存の労働の在り方、女性の置かれた仕組み上の課題を再考し、そのうえで、ワークとライフを切り離すのではなくワークでありライフである社会の中で主体的に充実した自分の働き方を目指していこう的な話をしました。

所長(気まぐれに参加)は、『人月の神話』『アジャイル・サムライ』を紹介し、開発で重要なチームビルディングをダイジェスト版で解説していました。

参加者からは、いろいろなアプローチからの「働き方」に関するお話が聞けました。
共通した部分も多く、仕事のオンオフを切り分けるのではなく、自分を活かして楽しく働く(遊ぶ)というそんなお話が体験談なども交えて飛び出し、学び合いになったように思います。

参加者の感想を書いたブログはこちら
201オーナーの感想はこちら
オーナーの佐々木さんは、コワーキングスペースを作るきっかけの話。本の内容に影響を受けて(!)というよりはむしろ「コワーキング」という単語を知ったことで、今の自分の働き方の不満を解消するのにあった形態を見つけて、実際にやってみることで、利用者さんたちとお互いのビジネスを「感じ合う」場所になっていると言っていたのが印象的でした。

「201のライトニングトーク会」はテーマにそった本を題材にアイデアや経験をシェアする会です。
また秋頃に別のテーマで開催しますので、次回もどうぞよろしくお願いします〜!!!

talk729

川原さえこ
平井インターネット研究所Facebook
twitter: @Hirailbs

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です