認定NPO法人フローレンス「スゴいい保育」がスゴい!

社会的起業の分野でよく知られており、日本にいち早く病児保育を広めた「認定NPO法人フローレンス」さんが新たに運営する「スゴいい保育」というサイトを紹介します。こちらは「保育のいまの声と必要な未来を伝えるサイト」であり日本の保育の「スゴい」ところを語り合うことで、「保育」の未来を創り上げていくことを目指しているそうです。

特に私には「世界の保育から」という海外の保育事情のコーナーは興味深いです。個性を重視し、保育士の休日など労働環境が守られている海外保育のいいところは取り入れたいし、反対に日本の保育の良さやきめ細やかさに気がつくこともできますね。

こちらのサイト開始にあたって、フローレンス代表の駒崎さんが「保育はナメられている」という挑発的な一文で始まる以下のブログ記事(2016年6月12日)を書いています。(以下、一部を引用)

「保育はナメられている。」

僕が常々感じることです。

「保育って子守だよね」

「子ども育ててりゃ、誰でもできるでしょ」

そういった意識があるから、保育士はプロだと認められず、処遇も低いまま。

保育園は子どもを預ける場所であって、教育の場所じゃないと思っている人もまだまだ多いのです。

私も現場で日々保育を経験し、また保育士資格の勉強をしていく中で、「よく聞く『保育士って子どもと遊べていいな』なんていうのは偏見でしかない!」と思いました。
「保育士」とは、子どもの成長と発達を促すための教育と保護者に対して子育て支援を行う「保育」のプロフェッショナルなんです!

しかし、処遇改善がなければ働きたくても離職を余儀なくされやすい職業のまま。せっかくのプロとしての力を生かすことができない状況になっていくのはもったい! とはいえ、昨今の保育を取り巻くネガティブな情報が、現在求められている待機児童の解消へ向けた自治体の取り組みや、保育の質の向上へ繋がるでしょうか?

現場で培われた知見を全国の保育士同士が共有する。
時代の変化に対応し、新たな知識を更新する。
日本や海外の保育の仕組みや制度を知った上で、日本社会での「保育」のあり方を同じ土台で語り合う。

もしこれらができる場があったら、とても「スゴい」ことだと思います。このサイトがその端緒となり”明るい”プラットフォームとして発展していくことを期待したと思います!

「スゴいい保育」http://sugoii.florence.or.jp/

1 Comment

  1. けいこmama

    初めまして。保育とわたしの記事にある認可外保育園に預けたことのある方の記事を読みました。現在、福岡市の認可外保育園で働く保育士です。共感できる部分が多かったので、自分のブログにこの記事のURLを載せてもいいでしょうか?よろしくお願いします。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です