英語学習法:英語の身につけ方、あっていますか?

人気のYoutubeチャンネル「バイリンガール英会話」で、英語学習者向けの英字新聞「Japan Times ST」の編集長をゲストに招いた「英語学習法」の動画がUpされました。英語を勉強したい、英語を話せるようになりたい、けど何をしたら? という人には参考になりそうです。

納得したのは、基礎的な単語力や文法力が山登りの5合目で、使いこなせるようになって初めて頂上に行ける=喋れるようになること。英語学習者が、5合目まで来たのにそこで諦めてしまい使いこなすための実践不足になっている、または、5合目まですら登ってない=インプットしてないのに、6合目以上の会話ばかりをやりたがる=アウトプットしたがる傾向にあるというのはうなずきました!

動画では、自分が何合目に入るかを知るために、英検3級でレベルチェックするお話もありましたが、これはおすすめです。英検5級から3級のテキストを使えば日常会話がペラペラになる勉強にぴったり。加えて、会話のサンプルに多く触れるため、会話形式の英語学習の本を買い、音声を活用して勉強する方法も勧めていましたが、賛成です。
なお、文法を学ぶのに編集長は、”English Grammar in Use”(英語で英文法を学ぶ定番のテキスト)を勧めていましたが、これは中級レベルの5合目以上にいる人向けであって、5合目手前にいる場合は、独学では使わないほうがいいと私は思います。実際、私は、この文法書をTOEIC400点レベルのときに短期留学先の英語学校で使い「英文法を英語で学ぶと分かりやすい」と実感したものの、帰国後購入してもレベルに見合わず長続きしませんでした…5合目以前でもこの本を使いたいなら、コーチをつけたほうが良いかと思います。

英語学習の目的は人それぞれなので、その目的にあった学習法を探すことが大切です。
日本人で英語が出来ないという人は、学校での英語学習歴が長く、簡単な会話文なら読めてしまうばかりに、実際の会話力を高く見積もりがちで、自分のレベルにあった学習ができていないことが多いのです。日常英会話に関しては私もそうでした。読むことや文法力に大きく困らなかった1年間のアメリカ留学の当初、「聞き取れる簡単な単語なのに、何を言っているか意味がわからない!簡単な会話すらほとんどできない!」ことに直面して苦労しました。スピーキング練習不足とネイティブの生きた表現を知らなかったためです。動画では、「文法ばかりやっても喋れないというのは、頭の中の知識が口と繋がっていないから。読んでわかった気にならず、使いこなすという段階へ進むために、理解したら声に出すを繰り返すのが大事。」と言っていましたが、まさに「読める・知ってる」な状態からもうワンステップ踏んで、「実際の場面でスラスラ話せる」ための練習が必要だと実感しました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です