ホームパーティで盛り上がる!食べられるグミコップの作り方

先日、友人を集めて開催した「青いスイーツ会」。ホームパーティで大好評の、食べられるグミカップの作り方です。市販のゼリーエースを使うので、クリスマスカラーになって可愛いです。ホームパーティで盛り上がります。

【食べられるグミコップの作り方】
(420mlカップ2つ分)
事前に用意するもの
プラスチックカップ 420ml 2個
プラスチックカップ 210ml 2個(*あとで外すので柔らかい素材が良い)
水(冷蔵庫で固める際に、内側のカップを安定させるために使う)
竹串 数本

事前準備・内側用のカップに竹串をさしておく(写真参照)

材料
ハウス食品 ゼリーエース(お好みの味)2袋
ゼラチン 50g
熱湯 300cc

1.ボールに、ゼリーエース2袋とゼラチン50gを入れ、熱湯300ccを混ぜ合わせます

2.外側のカップの3分の2弱まで、1を注ぐ。余計な泡をスプーンで取り除く。

  1. 水を入れた内側カップを入れ、竹串部分を外側カップのふちにかける。カップの位置が真ん中となるように調整する。竹串と十字となるように、ビニールテープを止める(写真参照)

4.冷蔵庫で一晩固める

  1. 竹串、ビニールテープを外し、竹串でゼリーとカップの間に空気を含ませながら内側カップを外す。

6.外側カップをハサミできり、カップを剥がしていく。
切った淵で手を怪我しやすいので、怪我しないよう慎重に!

7.完全にカップを外したら、飲み物やスイーツなどお好みで入れて、最後はカップもガブリと食べられます! 

*といっても、カップ底は厚く硬いので無理して食べきることはオススメしません

参考:https://youtu.be/9yJlS_3_wB8

*小学生の方、小さなお子様と作ることをお考えの方へ:
・外側のカップを外すときはやや力が入ります。
・カップの細かいかけらが飛びちるもあるので、目を保護したり、下にトレイやゴミ袋などおき、大人の手でやることを推奨します。
・一番楽しい工程で自分でやってみたいお子さんは、内側のカップを外す係に、外側は力がいるので大人の仕事!と決めて、カップから全部取れるところの写真を撮る係を頼んだり、ここなら安全かな?と大人が判断できる箇所を手伝うのがといいと思います。
・また怪我防止に軍手やゴム手袋などをつけるなどお怪我しないよう各自工夫くださいね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください