【ストレングスファインダーのワークショップに参加】自分に《ない資質》を素直に知る機会になる

2017年9月23日(土・祝)、琴市しづかさん(ブログ「自分の心を殺してはいけない」)が主催する第2回ストレングスファインダーのワークショップに参加しました。

琴市しづかさんによるブログ記事:
今回の様子はこちら
前回の様子はこちら

ストレングスファインダーは人の強みを34の資質に分けて診断するもの。資質の順位が高いものほど、その人が発動しやすい強みになります。受けたことがある人同士でないと、その特徴について語り合えない部分があるので、いろんな資質の方とストレングスファインダーネタで盛り上がれたら楽しそうだなと思って参加しました。
今回のワークショップで取り扱った資質は「運命思考」「共感性」「調和性」「最上志向」「内省」「戦略性」の6つ。それぞれの資質のグループに分かれ、「好きなこと・得意なこと」「苦手なこと・イライラするポイント」などを中心に共通点を話し合います。最後は発表・質問タイムでそれぞれの特徴や違いをシェアします。
私は、「運命思考」のグループに。色々な話が出ましたが、出来事の背景に肩入れするので、ドキュメンタリーがみんな好きだったのが面白かった。

私のストレングスファインダーの結果とストレングスコーチを受けた際の感想をまとめた関連記事:

ストレングスファインダー診断結果とストレングスファインダーのコーチングで気がついた「自分の取扱説明書」の必要性

自分の強みTop5「最上志向」「内省」「運命志向」「ポジティブ」「適応性」のうち、上位3つがテーマに取り上げられたこともあって、多くの発表が「わかるわかる!」の連続だったり、同じ資質でも組み合わせが違うと「え?そういう考え方もあるのか」と違いに驚いたり。
例えば同じ最上志向でも、「最上の結果を求めるために、逆算して、できることを積み上げていく」タイプの方がいて、勉強になりました。
完璧主義で自分にダメ出ししがちな私を改善するヒントになりそうです。一歩一歩積み上げることが大事。

今回のお話で最も興味深かったのは、私にとって17位と、順位が真ん中にあるため、ほとんど意識の及ばない「調和性」のグループの発表。

・最初から落とし所を探る
・自分の主張で波風を立てるのが嫌
・場の空気を変えるのが得意

「最初から落とし所を探る」はあまりに自分にない発想。興味津々となりました。
バランスを常に意識しているそうで、最初と最後になって目立ちたくないということで発表順も真ん中を選ぶ「調和性」グループ。
「よりよく」を目指して仕事に終わりがない最上志向に対し、「この活動の落とし所はいつやってくるのだ?」ときっとイライラ、ハラハラさせているのかも、と感じました。

琴市しづかさんによる、このワークショップ開催は2回目。参加者の資質に合わせて、どの資質のグループになるかは変わるので、その場に居合わせた人で、毎回違った楽しみがあると思います。「資質のあるあるネタで盛り上がりたい」「自分にない資質の当たり前を知りたい」時に、お互いの声を聞くのに気軽な機会になると思います。
私にとっては、自分に《ない資質》を素直に知る機会となりました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です