【コーチングゲーム Points of You】「勘違い」が自分を知るヒントになる

Points of You:「目標:Goal」

あなたはどこに向かっているのでしょう?
このレースは始まったばかり?もうすぐゴール?まだ道半分でしょうか?
集中していますか?周りが気になりますか?
楽しんでいますか?苦しいですか?
あなたはこのレースに参加すべきだったのでしょうか?参加したかったのでしょうか?
あなたは今、何に夢中になっていますか?

同じカードでも違う日に見れば、違う人が見れば、異なる「何か」が浮かび上がってくるのがPoints of Youの面白いところ。写真に写ったものについて見間違いをすることもあります。それも間違いではありません。違って見えたのはなぜ?を考えると、より深く自身と繋がります。

Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会
8/26(土) 10:00〜12:30  www.facebook.com/events/156149798295932/
9/10(日) 14:00〜16:30 www.facebook.com/events/348973995524152/

Points of Youは映画分析と似ている?

私は大学で映画分析を勉強していました。映画学の授業では、映像の解釈をするときに、画面に写っているイメージの細かい所までにとことん注意を払うことを学びました。

「何が写っているか」「何が見えているか」「どんな印象を受けたのか」が映画のストーリーや映画が作られた時代の社会背景や文化背景と密接に繋がって表現されている。それを読み解くのが映画の分析の価値の一つ。

ある学生が写っているものを勘違いして解釈したことがあったのですが、先生は「勘違いを引き起こした理由は何か」を考えることも大切と伝えていました。「その映像があなたにもたらした何か」が分析のトピックに十分なるからです。

映画分析は、「自分が得た印象」=言葉にならないの直感をいかに説得力をもって、時代背景や言葉と結びつけれられるか。その映画がその時代に生まれた私たちに与える影響、作り手の意図を超えた、その映画の意味を広げます。

そのためには、映画がどのように撮られているかという映画の撮り方の技法の知識で分析を補いますし、独りよがりにならないために文化や文学や映画以外の学問の知識が必要です。

「勘違い」が自分を知るヒントになる

いっぽう、Points of Youを体験するのに知識は一切不要です。たくさん勘違いしてOK!そこをヒントにゲームとしてさらに楽しめます!

「何が写っているか」「何が見えているか」「どんな印象を受けたのか」を探っていき、それを言葉カードや質問カードを使ってあなた自身のテーマとつなげます。映画分析をしていた私が、その知識を活かして写真から何を感じたか、あなたをサポートするのに少しは役立つかもしれません。

体験会のお知らせ

イメージに反映された自分を知るツールとして、Points of Youを体験してみませんか?

Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会(2~8名)
所要時間目安 2時間~2時間半
料金 一人¥3,000(税込)
場所:東京都内(銀座・品川あたり:未定)
*申込者に前日までに詳細を送ります。

体験会日時:申し込みはFacebookイベントページをご覧ください。
8/26(土) 10:00〜12:30  www.facebook.com/events/156149798295932/
9/10(日) 14:00〜16:30 www.facebook.com/events/348973995524152/
Facebook外からのお申し込みは、saeko@bucyou.netにお名前、希望日程、どこでイベントを知ったかを記入してメールしてください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です