「習うより慣れよ」ではなく「慣れるために習う」ことのススメ〜英語ができないと落ち込む前に

「英語を教えています」と自己紹介すると、「英語ができないので…」と苦手意識からか、伏し目がちになってしまう方に時折お会いします。

実は、私もネイティブではないので「自分が思ったより英語ができない(><)」ことに落ち込む時もあります。

解決方法は、「できる、できない」ではなくて、「やるか、やらないか」の違いでしかない

例えば、覚える単語やフレーズを増やすとか、それを必ず実際に使ってみるの繰り返しでだんだんとレベルアップしていきます。そもそも表現力に終わりはないので、「こんな表現があるんだ、こんな言い方するといいんだ!」と私も日々、学び続けています。私は、英語力がつくかつかないかは、筋トレみたいなもので、少しでも続ければ筋肉がついていく、そんなイメージを持っています。

先日、「英語ができないので落ち込む」という方に、「なんで出来ないのか霧が晴れスッキリしました」と言われた話をしたいと思います。

英語の習得は、スイミングと同じ

もし、泳げないあなたが海でクロールで泳げるようになるために、海のど真ん中にいきなり飛び込むでしょうか? または、本屋にいき「クロールの泳ぎ方」という本を買っておしまいにするでしょうか。

泳ぎたいならば、大抵はまずスイミングクラブなどに習いにいくか独学でもプールやジムにこまめに通うと思います。
泳げるようになるためには、個別の要素を練習し、その要素を組み合わせて練習し、初めてクロールの形ができます。形ができた後は、より早く、より綺麗に泳ぐためにさらに練習が必要です。泳ぐ距離もいきなり25m泳げた方はいないかと思います。少しづつ伸ばしていきます。

そうやってやっと満足に泳げるようになっておけば、荒海に出た時にも、「こうやって泳ぐんだなー」と練習の成果を試すことができます。それでも荒海は手ごわいので、再び荒海のための準備し、試し、準備しの繰り返しです。

ところが、英語学習では「いきなり荒海に飛び込ん」だり「クロールの泳ぎ方」を買ってきて満足する。これをやってしまいがちです。スイミング同様、様々な要素を手を動かして、(英語だと口を動かして)複合的に身につけていけばいいのです!

「聞くだけ」では習得しない

試しに、あなたの知らないポーランド語の映画を日本語字幕なしで1年間毎日みて、ポーランド語が1年後にペラペラになるでしょうか? 
ポーランド語でなくてもいいのですが(習得が難しい言語の一つと言われていますし、日本で馴染みのある方は少ないと思うので一例としてあげました)、まったくとっかかりのない単語、とっかかりのない発音、とっかかりのない文法は、ただの音として流れていくだけです。
単語がわかって初めて、意味が部分的にわかる。発音のとっかかりがわかって単語と単語のつながりがわかる。文法がわかって文の仕組みがわかる。母語でない言葉であればあるほど、様々な知識や理解するためのコツを最大限動員して、やっとわかるようになるのです。

落ち込む理由と向き合ってみませんか?

そう言いながらも、私も英語を学ぶ過程でなんども落ち込んだことがあります。それらは以下の3つの理由が主でした。

1.「教科書」だけを読んで、それを自分の力だと過信している
英語は巷に溢れているので、目にしたり耳にしたりする機会がポーランド語(しつこい・笑)よりは多いでしょう。すると、「英語」の学習本を読むだけで、「これくらいならわかる」と思ったり、自分の実力以上に知っている気になってしまっているのかもしれません。「見て聞いてわかった気になる」と「やれる」の差に気がつかないでいざという時に困る。大学生の頃はそんな感じでした。

2.荒海にいきなり出て自分をジャッジしている
英語を実際に使う場面、つまり荒海にいきなり出て溺れている最中に「私はダメだ!」と落ち込んでいる気がします。溺れた時に自分を責めても、苦しい。「溺れないために必死で泳ぐ、溺れないために事前に準備する」が足りていないだけ。私も留学直後2ヶ月はそんな感じでした。落ち込まなくていい時に落ち込むのは時間をロスするので本当はもったいないです。

3.技能のギャップ、周囲とのギャップに苦しむ
すでに英語力がある方だと「本当はもっとできるはずなのに」という思いが出てきます。リスニングが得意なので何を言っているかわかるけど、言いたいことは言えない時、能力にギャップを感じます。ギャップというものは苦しいです。本当はわかっているのに、「喋れないこと」でわかっていない扱いをされたら悔しいし、悲しいですよね。またペラペラな人が周りにいると、つい比べてしまい辛いです。でも向き合うべきは隣でペラペラ話すあの人でしょうか?

落ち込む時は、自分に期待している時。でも学びに「ジャッジメント」は不要です。素直に実力と向き合えば、目指す先も、その経過も、あやふやにならずに進める。「今はこんな感じ、だから次はこうしたい」。着実にステップを踏めばいいのです。

あなたの「出来ない」の中身が、聞くことができないのか、読むことができないのか、書くことができないのか、話すことができないのか、その組み合わせなのか、技能のギャップなのか。分解して自分の伸ばす必要があるところを知り、それにあった学びを増やしていくことが大切です。

「習うより慣れよ」より「慣れるために習う」ことのススメ

ことわざで「習うより慣れよ」、といいます。頭で考えるより、経験せよという意味合いで、大事な考え方だと思います。私がオススメしたいのは「慣れるために習う」ということです。知識と経験は両輪ですし、「知ること、習うこと」も含めて経験の一種だと思っています。

以前とある方が、メンターが必要な理由を、「無駄な努力のショートカットが出来る」とおっしゃっていて、深く納得したことがあります。その方によれば、「習わないで間違ったやり方に慣れると、その分修正に時間がかかり遠回りになってしまう」と。
特に、苦手なことは「何がわからないかわからない」状態の人も多いですよね。苦手意識に囚われて行動を先延ばしにするよりも、苦手ならなおさらわからなくて当たり前なので、小さな一歩を踏み出してみませんか。そこであなたを馬鹿にしたりせず、あなたのためになるように見守ってくれるメンターがあなたのメンターです。

私が英語を教えているため、英語を例にしましたが、これは「苦手なこと」「やってみたいこと」などあらゆることに当てはまりそうです。
2018年は、小さな一歩であなたが心の隅っこで気になっていることを習い始めてみてはいかがでしょう? 

「苦手」を作っているのは苦手意識かもしれないー「苦手なこと」への態度を見直し、自分の伸びしろだと思えた

英語学習サポートレッスン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です