【2018年10月〜】平井駅徒歩1分本屋「平井の本棚」にて平井インターネット研究所棚を展開します

【2018年10月〜】平井駅徒歩1分本屋「平井の本棚」にて平井インターネット研究所棚を展開します

現在、本屋活動「もう一つの椅子」は、平井駅徒歩1分本屋「平井の本棚」のお手伝い中です。この度、2018年10月〜、「平井インターネット研究所」棚を展開することになりました。

所長の選書テーマは「テクノロジー×ディストピア」
 平井在住のプログラマー・エンジニア、またはその志望者や若い人に向けた技術本と、テクノロジーが進んだことによって起きるディストピア社会を描いた古典的名作を中心に展開しています。

保育士でもある本屋「もう一つの椅子」の選書テーマは「しつけも、育児書もイラナイ!子育て・こどものみかたを変える本」
目玉は、子育てメディア・コノビー[Conobie]で連載されていたやまもとりえ先生の漫画『本当の頑張らない育児』。
私も連載を毎週楽しみにして号泣してた漫画。育児にかかわるモヤモヤに悩みながらも、パートナーと向き合う、向き合いたいけど伝えられずに戸惑ってる、そんな新米パパ・ママにおすすめです。夫婦にとって、わたしとあなたとこの子にとって「本当の頑張らない」って何だろう?が丁寧に描かれています。
書籍描き下ろしに、本編の登場人物の一人である「後輩くん」を中心にしたエピソードがあり、そちらもウルウル!
夫婦や家族のあり方って1日にしてならず。それぞれの「頑張らない」は、それぞれの夫婦や家族が思い合っていける暮らしなのかもしれない。子育ての正解のなさにモヤモヤを抱えてる方にこの本が届きますように。今回、偶然のご縁が重なりサイン本を限定4冊ご用意していますので、お早めにお買い求めください。

他にも、「がんばるをやめる」「おやのみかたを変える」「こどものみかたを変える」をキーワードに、子どもたちにみえている世界を知るきっかけに、親の子育てに対する視点を変えることで、思い込みがポロリと落ちて、時にままならない「子どものいる暮らし」にパパやママ自身が納得して向き合えるような本を選びました。

11月中には親子向けの手作りおもちゃワークショップを開催の予定です。詳細後日。

「平井の本棚」
水・日定休、11:00-18:30(営業日・営業時間の最新情報は平井の本棚ツイッターでご確認ください)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください