「他人に目標設定してもらう会」参加で心に隠していた「やりたいこと」や理想の「やり方」のアイデアが見つかった

「他人に目標設定してもらう会」に参加

2017年7月4日(火)、六本木アークヒルズにあるHub-Yuで開催された「他人に目標設定してもらう会」(通称タニモク会)に参加しました。
https://www.facebook.com/events/135047337073007/
「他人に目標設定してもらう会」について、詳しくはDODA 未来を変えるプロジェクトの「逆転の目標設定術|他人に目標を立ててもらうと驚きの結果になった」参照

やり方は
⑴利害や年齢、バックグラウンドがなるべく異なる4人1組を作る
⑵A4一枚に5分程度の自己紹介を図や箇条書きでまとめておく
⑶自己紹介を元に8分程度の質疑応答 ※⑵と⑶合わせて13分になればOKなので時間調節する
⑷その人の目標を考える(5分)
⑸「私が〜さんだったら」と枕詞をつけて、その人の目標を⑶人でプレゼンする(プレゼン時間は3人で12分)
⑴〜⑸を一人の目標あたり30分で4人分やるので、トータル2時間で終了です。

私の(他人に設定してもらった)目標

1.旅や知識などをまとめた本(文章かく)出す
2.週3日のプロジェクトワーカーになる
3.ホテルなど宿泊施設と提携し、旅行者向けの英語託児

他人に目標立ててもらうと発想が縮こまらないので、自分の頭の範囲内から突破できます。経歴も様々、ビジネスに強いメンバーで、自分にない部分を補ってくれ、目からウロコでした。

1は学んだ知識から「何かを伝える」という私の表現のコアの部分、2は「体力の限界がないなら、正社員で総合職にチャレンジしたかった」という密かな私の願いを叶える形の提案、3は私の弱い分野であるビジネスプラン系を「私の理想の働き方」をガッチリと掴んだ上でのプレゼンで、どれも感動しました。

一方で、他人の目標立てるのもかなり楽しい。

自分のバックグラウンドは、他人にとっては新鮮なので、自分なりに何か相手へ伝えられたように思います。「半農半IT生活」とか「人をダメにするソファーを置いて、ストリートジャックしてセミナー開く」など、私にとっては日頃からアンテナ張ってある発想を面白がってくれました。

「タニモク」の効能

このイベントの効能は、イベント募集ページ(https://www.facebook.com/events/135047337073007/)に書いてある通りで、
・人に自分の状況を説明することで、状況を整理することができる
・自分が直面している状況に、他人の能力・観点・知識を活かせる
・自分の凝り固まっている先入観を壊すことができる

だったのですが、もう一つ私が思ったのは、このイベントは、利害抜きに他人に目標を立ててもらうというそもそもの前提があるから、相手の考えを取り入れる気全開!というのも大きいです。
というのも、たいがい悩み相談でアドバイスされると、どんな素晴らしい知恵でも「自分の中に既にある答え」と違ってしまいピンとこない時も。でも、この方式なら「自分の中にない」相手の発想を素直に受け取れる効能がありました。
意外にも的確に自分の心にある答えにタッチしていて、隠していた「やりたいこと」や「やり方」こそ見えなかったけど、それならできるかも、やりたいかもというアイデアを導き出してくれました。

互いが互いのために真剣に考える時間って、それだけでありがたいし、素敵な経験でした。主催者によると、あっという間に定員オーバーとなったそうで、次回開催も近いうちにアナウンスするとのこと。また、フォーマットがシンプルなので、自分の持っているコミュニティーで利害関係ない人を呼んでやってみるのもオススメです。メンバーによってプレゼン内容が違うので、いろんなメンバーで何度かやるというのも楽しいそうです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です