Tag Archive: 療育

すごろくや「アナログゲームによる発達障害療育講座(アナログゲーム療育アドバイザー松本太一さん)」(2016/5/15)参加感想

2016年5月15日(日)、すごろくやさんのイベントスペース•す箱(新館)にて、アナログゲーム療育アドバイザーの松本太一先生による「アナログゲームによる発達障害療育講座」に参加してきました。

ボードゲームが好き、そして発達障害支援に関心あり、保育士として子どもに関わる上で、以前から気になっていた松本太一さんの「アナログゲーム療育」のお話を聞けて、良かったです‼︎

講座では、心理学者ピアジェによる認知発達段階論の4つのステージに分けて詳しく解説し、そのステージ毎に必要となってくる発達障害者の「課題」を挙げながら、ゲームを使った療育の実例や支援のポイントをご紹介してくださいました。

「落ち着きがない」「順番が待てない」「癇癪を起こす」といった問題行動を単に障害特性と考えるだけでなく、問題行動の背景にある、本人の苦手感を見極めるのにゲームがそのきっかけになることや、認知発達段階の各ステージの課題に合わせた支援、他者との関わり、客観的思考(戦略、適切な状況判断)の練習やコニュニケーションスキル(交渉、相手の立場を知る)の獲得のお話など、ゲームの特徴とうまく絡めて支援していく考え方が、研究と実践に基づいて丁寧に練られている印象でした。

何より(自分がボードゲーマーということもあるのですが・笑)ゲームそのものの魅力は大きいですね。保育の現場でも、発達を促すにあたり「遊び」への働きかけが大きなポイントになります。ですので、例えば「マイファーストフィッシング(ステージ1向き)」でのマグネットで魚がくっつく感覚(知覚刺激)から興味を引いて導入するといった点や、「雲の上のユニコーン(ステージ2向き)」で数の概念の苦手感が発見できた点、そして得点表上に獲得した宝石を並べることで勝敗が理解出来た話など先生があげる実例は、実地でうなづけることばかりでした。

以前、保育士の自主研修会で発達障害の専門家である先生の講義を受けた際に「障害者本人が、大人になったときの姿を幼児期から想定して支援を行えているのかを再考してほしい」という内容が最も印象的だったのですが、障害特性を理解しているはずの親や支援者であっても、つい目の前の状況への受身的対応になってしまったり、問題行動の背景を見る視点に欠けることもあります。また、目先のパターンやスキル獲得をに走ってしまうのではなく、本人が自分の力で思考し臨機応変な対応ができるように支援するのが大切なように思います。発達障害の筆談支援ツールを販売する「おめめどう」のコニュニケーションセミナーで伺った「一人の人間として自分のことは自分で決める権利、必要な情報を得た上で、自分で選択し、その選択の結果を自分で引き受けるためのコミュニケーションがとれることを目指している」という部分にも通じる気がしました。

松本太一先生は、自身のブログ(「アナログゲーム療育のススメ」)でも詳細に療育に活用するゲームや療育のお考えについてわかりやすく書いていらっしゃいます。LITALICO発達ナビでのコラム、ツイッター(@gameryouiku)などでの発信もとても勉強になります。

講座は、認知発達からのアプローチでしたが、ゲームを通じた心理面でのサポートをどう行っていくのかというのもシリーズですごろくやさんで開催したいとのこと。是非とも行きたいと思いました。

定員が早くにいっぱいになったそうで、同内容の講座が6月にあるそうです(ゲーム「すすめ!! 海賊さん」付き)。発達障害のお子さまを持つ保護者の方、支援に関わる方で興味ある方はすごろくやさんのHPをチェックしてみてください。 ‪#‎す箱‬