Tag Archive: プリペイド

【5度目の台北】台湾でネット接続が利用できるプリペイドSIMを桃園空港で購入(2017.3.14-3.16)

日本で、SIMフリーのFreetel(機種:Priori 3S LTE)を利用している私。SIMフリーの機種に変更してから初の海外なので、試しに桃園空港でプリペイドSIMを購入してネット接続することにしました。

桃園空港の第1ターミナル:SIMを売る通信会社のカウンターは入国審査後の出口を出てすぐ右!
空港にある通信会社は、「台灣大哥大」「遠傳通信」「中華電信」の3つ。

今回、私は「中華電信」を利用。カウンターで、使いたいプランを注文。身分証明書としてパスポートを提示し、支払い。電話を渡すとSIMの挿しこみや設定を店員がやってくれます。
私が購入したのは、3日間ネット無制限で利用できる300NT$(SIM代金も含まれる。1NT$=4円としても1200円)のAプラン。同時に電話番号ももらい、通話は100NT$まで無料で使えます。
なお、中華電信はカウンターに「Cash only(現金のみ)」と書いてありました。現金で払っておけば、万が一にも、クレジットカードで誤って追加料金を支払ってしまうこともなさそうなので、個人的には安心でした。

今回の中華電信のSIM購入にあたっては、事前に以下のブログを参考にしたおかげで問題なくできました!
台湾桃園国際空港のSIMカード価格は?売り場の様子と買い方と設定のやり方について
【台湾】桃園国際空港のSIM売り場が混雑している時の対応方法
台湾旅行のプリペイドSIMカードは中華電信がおススメできる3つの理由

プランついて日本語で中華電信の公式HPを確認できます。なお桃園空港での営業時間は8:00−22:00です。

設定時の確認はしっかりと
私の使っている機種はデュアルSIM(SIMを挿すスロットが2つ)なので、国内用のSIMを挿したまま、もう一つのSIMを入れることができます。
中華電信はSIMの抜き挿しと設定を全て店員がやってくれるので楽ですが、スロット2に入っている国内用SIMを抜かれそうになったので慌てて、「Can you use slot 1? 」とスロット1を使ってもらうようお願いしました。設定を店員頼みにしたことで起きるトラブルを防ぐためにも、作業や設定をやってもらう間は、店員の手元や画面をしっかりみて確認することをお勧めします。念のため、機種の設定で国内用のSIMのスロットをオフにして、日本経由で繋がらないようにしました。

繋がるスピードも速くて快適。5度目の台北とあって、調べ物も少なく、滞在したホテルがフリーWiFiだったので、ほどんどネット利用しなかったのですが、空港で簡単に買えて、滞在期間中、定額無制限でいつでもネットに繋がる安心感。日本の携帯を使った海外ローミングよりは格安なので、旅行の際には利用しやすいと思いました。