ストレングスファインダー診断結果とストレングスファインダーのコーチングで気がついた「自分の取扱説明書」の必要性

ストレングスファインダーTOP5の結果

2016年の6月に『ストレングス・ファインダー』のTOP5を診断をしました。ストレングスファインダーとは、アメリカの世論調査・コンサルティング会社のギャラップ社が統計に基づいて分析した、強みを発揮する際の資質を診断するツール。34種類の資質があり、そのうち最も強く自分に表れる資質がTOP5です。詳しくはこちらがわかりやすいです。

診断の結果、私のTOP5は
1.最上志向
2.内省
3.運命思考
4.ポジティブ
5.適応性

TOP5は、プラスに働けば、その人の能力を最大限に発揮できますが、マイナスに働くとネガティブな波及効果も大きいそう。例えば私の場合、「最上志向」によって完璧主義に陥り成果物をなかなか完成できないことがあります。
診断後に読める詳しいレポートを見ると、自分の強い要素と納得しましたし、「この資質同士の組み合わせが、ときに私を困らせてきた」というのが一番に気がついたことです。とりわけ一位の最上志向と他の資質が組み合わさった時に生じるマイナス面をどのように取り扱うかが私がずっと抱えてきた課題だったと自覚しました。

今までの自分の行動や癖によって生じた様々な困難や課題が腑に落ちた

過去には「何でもひとりでできる」「ものごとの良い面しか見ない」(最上志向とポジティブ)ため、問題から目をそらしているように思ったり、周りに適応して妥協した仕事した結果モヤモヤしたり(最上志向と適応性)。自分に対する批判が常に頭にありました。適応性とポジティブでピンチを切り抜けて褒められても、本当はもっと良いものを作りたかったという思いがあって、素直に喜べませんでした。私の「得意なことだけお互いやればみんな幸せ。苦手克服は時間の無駄」を嫌がる人がいて驚くだけでなく、自分と違う価値観の人がいる、当たり前がみんな違うことが理解できず傷ついてきたのも、「人類皆同じ」と深いところで信じている運命志向との組み合わせならでは。価値観の違う人をどう受け止めていいのか、ずっとわからなかったのです(長い間の内省テーマ)。
本来は、日頃の洞察を武器に、その状況下に合わせて自分や相手の良い面を探し、その強みを伸ばすことを何よりも喜ぶ私。右も左も分からず、自分の指針に自信が持てなかった若い頃は、マイナス面を批判する声(それは結局、内なる声なのです)に耳を傾け、他人に迷惑をかけてしまうからと「強み」を抑えようしていました。

2016年は、自分の本来の力と繋がって活動ができるようになってきていたので、まだ私にしがみついて残っているらしい、ジャッジメンタルな自分を完全に手放す時期と感じていました。

ストレングスファインダーの個別セッションで得たもの

TOP5を意識しながら、自分の行動や癖について内省を深めること数ヶ月、2016年12月にストレングスファインダー認定コーチを目指す友人にお願いし、ストレングスファインダーのコーチングの個別セッションを受けました。TOP5の組み合わせで「どんな時に、どんなことがおこりやすいのか」を説明してもらい、過去の失敗や辛かったことなどがなぜ起きたのか、どうすればよかったのかが手に取るように理解できたのです。マイナス面のみ当てはめてTOP5理解する偏りに気がつき、「これで良かったんだ」と自分の「強み」を認めてあげる機会になり、強みを抑える(そもそも無理なこと)のではなく取扱説明書を手に入れよう!と過去の憑き物がボロリと剥がれるような経験でした。

私にとっては、ストレングスファインダーは、自分の行動や癖によって生じる様々な困難や課題を、俯瞰して理解するのにベストなツールです。当たり前に発揮している強みは案外自分では気がつかず、扱い方を知らないものなので、コーチングでさらに理解を深め、欠点としてではなく「強み」として目を向けることができて良かったと思いました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です