【英語学習サポートレッスン】日本人の苦手な発音は、この2冊があればコツを掴めます

英語の発音がきになる方。
ネイティブに発音が悪くて通じなかった、と悔しい思いをしたことがある方。
日本人の苦手な発音をなるべくネイティブに通じやすく発音を身に付けたいという方。
この2冊があればコツが掴めます。

1冊目:
リチャード川口『バンクーバー・発音の鬼が日本人のためにまとめたネイティブ発音のコツ33』
・日本人にはわかりにくい母音の口の動かし方、日本語にはない子音の音の出し方など、一音一音確認できます

発音で気をつけることを分解すると
1.母音や子音の1つ1つの音の出し方
2.それぞれの単語の強弱のつけ方
3.単語同士の音の繋ぎ方
4.文全体の抑揚と強弱のつけ方
になるのですが、この4つをわかりやすく網羅した内容になっています。この1冊を繰り返し忠実に練習すれば、発音のコツは掴めると思います。

アルファベット一つ一つの発音方法を学ぶのには、「フォニックス」。日本の子どもたちが幼児番組で「あいうえお」を声に出して学ぶように、ネイティブの子どもたちが必ずやっている、アルファベットの発音練習。これを大人向け英語学習者にまとめたのがこちらの本。
ジュミック今井『フォニックス<発音>トレーニングBOOK』
・「フォニックス」の発音知識がベースにあると、1冊目の本がよりわかりやすく頭に入ってきます。

英語の学習のステップにおいて、通じやすい発音を知ることは、自分が話すときだけでなく、「聞き取り」の力に大きく影響してきます。
発音の仕組みを知って「聞き取り」の力をあげる。次に聞こえた音と文字(読み)を一致させる。話すための練習をし、英語の文をすらっと口に出せるようになる。そこで初めて発音が練習できると私は思っています。

英語は世界の共通語です。それぞれの国の喋り方の特徴やその背景を知ることもグローバルな環境を知るきっかけになります。日本人の場合、全体に抑揚がなく平板で、過剰に母音を発音しますが、それは日頃当然のように使用している「日本語らしさ」を思い返すことができます。発音が大切であることに変わりませんが、私は〈綺麗な〉発音が全てだとは思いません。一つ一つの発音がなまっていても「文の組み立て」と文全体の音の抑揚ができていたら通じやすいと言われています。

もちろん発音が相手にわかりやすく通じれば、よりスムーズなコミュニケーションとなります。発音の仕組みを知ると言語の違いを楽しめますし、英語学習全体のレベルアップができます。レッスンでは教材の聞き取りのポイント=発音のポイントも意識してお伝えしながら、一つの会話文を徹底マスターしていきます。

*「英語学習サポートレッスン」
2017年10月より継続レッスンを受ける方を募集しています(直接の知り合い・ご紹介・FBグループのタイムラインで見かけたもOK)。
詳細・お問い合わせフォームはこちら
継続申し込みを迷っている方は、「⑶【レッスン説明・体験レッスン】」をお選びいただけます。気軽にご相談ください。
〔こんな方へオススメのレッスンです〕
・英語を英語のまま理解し聴いて話すトレーニングをしたいあなた
・日本語英語を卒業して通じやすい英語表現を知りたいあなた
・TOEICスコア(600点~700点代)とスピーキングスキルのギャップに悩むあなた

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です