Points of You®︎の初めての体験会を開催しました【2017年9月】:参加者の感想と私の引いたカード「完了」に感じたこと

2017年9月10日、Points of You®︎のコーチングゲームを拡める認定エバンジェリストに2017年5月になって以来、はじめてのPoints of You®︎のワークショップを主催しました。

素敵な参加者の皆様のおかげで、無事完了。
そこで「はじめてのPoints of Youワークショップを終えた私へのメッセージ」を裏引き。そのまま『完了』のカードが出て来ました(笑)

 Points of You®︎カードの裏引きの効果についてはこちら

【コーチングゲーム Points of You】カードの「表引き」と「裏引き」はどう使い分ける?


まさに一つのチャレンジを終えて清々しい気持ち。
このカードの、綿毛がこれから飛び立つように、これは始まり、巣立ち。開催してみて得た感覚や至らないところの改善点をもとに、綿を飛ばして自分の周りに拡げていきたい。そんな決意を持った私の初開催の体験会でした。

以下は参加者の感想です。掲載の許可をいただいたので紹介します。

Points of youは偶然との出逢いから、他者との対話を通して、内省のきっかけをつかめるゲーム

まさにぴったりな表現。
悩みが面立ってないという人でもより考えを深めたり、意外なところから出たワードを自分に結びつけて楽しめます。

写真や言葉を見ながら、いくつか浮かんでくる自分の気持ちが、今気になってることなのだと改めて気付いた。

偶然引き当てた写真や言葉を見ながら、他者から質問を投げかけてもらうことで、自分の内面への問いかけができる点が、ゲーム性があって面白かった。

気になってるけど、あまり考えてなかったことたちが、プクプクと浮かんでくる。そんな経験ができます。
自分の無意識なので、他の参加者とのやりとりを通して、写真に自分が反映されてわかってくのが面白い。そんな「ゲーム」として楽しんでもらえて嬉しいです。

参加者の一人、アクセサリー作家のサチコさんは感想をブログにまとめてくださいました。
Points of You®︎舞い降りたカードから、私が受け取ったメッセージ。

同じカードでも見るたびに印象が変わることがあって、時間の経過と共に自分の視点が変わっている証拠で面白い。
ガイドしてくれるエバンジェリストさんが変わると、アプローチの仕方も変わる。もう慣れたと思ったPoints of You®︎でしたが、カードの選び方ひとつ取ってもはじめての体験のようで、ドキドキしました。

さらに追加の感想で、

視点が過去にズレている!と感じました。本当の課題は目の前の出来事ではなくて、私自身のこのクセかもしれないと思いました。これを意識的に直していけば、もっと気持ちのいい考え方を出来るようになるのかも。自分で自分のことを語ると、無意識だったことが明らかになると思いました。

とも。
カードから引き出される解釈や言葉は、自分では表立って気がついていなかった無意識の思いや気持ちに気づいてスッキリするきっかけにもなります。過去も未来の自分も、今ここにある自分の視点を観察することからみえてくるのかもしれません。

参加者の皆様、素敵なご感想をありがとうございました。
体験会は随時今後とも開催予定です。開催のリクエストやお問い合わせはsaeko@bucyou.netまで。

関連記事:Points of You®︎とは?

【コーチングゲーム Points of You】個人でも親子でもビジネスのチームでも、直観的にアレンジして使えるツール

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です