ロボットの世界大会に日本の高校生がチャレンジ中:女性中心のチームで女性エンジニアのロールモデルを目指す

ロボットの世界大会に日本の高校生がチャレンジ中!
ロボットの世界競技大会FRCにチャレンジ中のSAKURA Tempesta‏のチームメンバーは、現在8人中4人が女性です。

エンジニアの世界では、女性がまだまだ少ない中、女性のロールモデルとなることも彼女たちの目標の一つです。

主催団体のFirstは、女性の技術者やリーダーとしてその力を達成できるよう支援する団体SWE(Society of Wonen Engineers)と共に、女性の平等を祝う日として、8月24日に、#sheherbeherというハッシュタグをつけて、女性のエンジニアのロールモデルの取り組みを応援していました。

女の子たちがチームの中心となり、リーダシップっってどんなこと? プロジェクトを進めるために必要なことは何? 必要な技術は? 一つ一つ学ぶ機会になっています。 

日々の活動を発信するチームの twitterはこちら

ロボット作りというと男の子のもの、というイメージが先行しているかと思いますが、
この大会にチャレンジを決めたリーダーは、アメリカ留学中にこの大会に参加して、エンジニアリングに魅了され、日本でもチームを作って「女性のロールモデルになりたい」と踏み出しました。

世界大会に出場して、世界の同世代の女性たちと交流して刺激を受ける。エンジニアの分野で女性がリーダーシップをとる場を経験すること。そんな機会となるように、これからも支援していきたいです!

世界大会参加費をまかなうためのクラウドファンディングがスタートしてから、まもなく3週間。
平井インターネット研究所の所長がメンターとして支援しています。
おかげさまで20名の方から支援が集まっていますが、ファーストステップとなる参加費(約65万円)まではまだまだ半分。
ご支援、応援いただけたら嬉しいです。クラウドファンディングページはこちらです。

関連記事:
ロボットの世界大会に日本の高校生がチャレンジ中:「ロボット以上の何か」を得てほしい ~プロジェクトを遂行するための力を実地でつけていく若者支援プログラム~
【クラウドファンディング開始:千葉発 高校生をロボットの世界競技会へ送り込もう!】このチャレンジを通して私が高校生たちに経験してほしいこと3つ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です