【英語学習サポートレッスン】超初心者には「くもん」、初級者には「英検」をお勧めする理由

先日、「【英語学習サポートレッスン】「オススメの勉強方法」と「英語に触れる機会をいかに増やしているか」」という記事で、英語の勉強方法に「ディクテーション」「シャドウイング」「Q&Aシャワー」がオススメであること。その時、使う会話スキットのレベルをその人にとって「簡単すぎる」と感じるくらいの文を使うのがコツと書きました。
基本的に私のレッスンを受けるのであれば、文法力では英検準2級〜2級レベル(学生時代など過去に取った方含む)ぐらいからが適していると感じています。中学校レベルの文法や単語があやふやであっても、ある程度英語が頭に入っている人であれば、あやふやな部分を固めていく意味でも、全く同じ方法をお勧めしています。

英語レッスン・セミナーのメニュー

超初心者向けには「くもんの基礎固めシリーズ」

ただし、この方法は、「文法力と実際のスピーキングスキルのギャップを埋める」のに適しているので、文法がほとんどわからない、単語力がない超初心者の方には、効果が感じにくいかもしれません。
そんな方には、文法の基礎の基礎には公文式のテキストで文法をコツコツと学習するようにお伝えしています。理由は、わかりやすく、小さなステップから確認できるから。
『くもんの中学基礎がため100%中1英語 文法編―学習指導要領対応』という〈基礎がためシリーズ〉がお勧めです。

初心者には「英検」で文法のレベルチェック

自分が初心者という自覚をしている方は、英検3級が中学校3年レベルの文法をカバーしているので、英検の3級のテキスト(どれでもOK)や英検HPで公開されている過去問題を解いてみて、今どの程度の文法力かを客観的に見つめ直すことが必要だと思います。また単語を増やすためには、CD付きの単語帳の例文をシャドウイングして、文ごと丸暗記するのをお勧めします。

文法教材を使って「ディクテーション」「シャドウイング」「Q&Aシャワー」をすることもできます。
継続コースのお申し込み・お問い合わせはこちらです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください