研究員記

【5度目の台北】桃園国際空港ー台北駅間のアクセスには2017年3月2日に本開業した桃園空港MRTが便利(2017.3.14-3.16)

便利!「桃園空港MRT」
20017年3月2日に「桃園空港MRT」が正式開業しました。台北駅から一本で空港にアクセスでき、直達車(急行)なら約35分で、桃園空港と台北駅を結んでいます。お値段も片道160NT$と、これまで主に利用されていた高速バス125NT$よりちょっと高い程度(空港と市内を結ぶ高速バスの使い方についてはこちら)。

日本から台北へ到着する便は、「松山空港」と「桃園空港」のどちらかになります。
台湾・台北の国際空港である「桃園空港」は、これまで台北市内へのアクセスが高速バスで約40分〜1時間か、乗り換えの必要な電車しかなく、台北駅から地下鉄で20分程度で行ける「松山空港」と比べると、やや不便だったのです。

MRT開業により、台北駅ー空港間を地下鉄一本で行けて、車内には荷物置き場もあり、発車時間も15分おき、悠遊カード(Easy Card:チャージして使えるICカード)も使える、といいことだらけです! 
帰りは、桃園空港MTR乗り場まで、台北駅構内の地下を5〜10分程度歩くのですが、案内表示がわかりやすいので、迷うことなく行けました。試乗期間含めて1ヶ月しか経ってないだけあって、駅が綺麗です。

台北駅周辺で滞在すれば乗り換えなしで空港に行けるので、20分とはいえ台北駅からだと地下鉄を一回乗り換えが必要な松山空港利用時よりも「楽」かもしれません。空港アクセスの利便性upで、ますます台北に行きやすくなりますねー。

悠遊カード(Easy Card)
台北市内の地下鉄やバスに利用でき、移動に便利な悠遊カードは、桃園空港MRTの駅改札インフォメーションセンターで購入可能。飛行機到着のタイミングで列ができていましたが、すぐに解消されていました。

なお、2017年3月現在に購入の悠遊カードは「第二世代」となっていて、購入に100NT$(デジポットなし:第1世代はデジポット制)、チャージに100NT$〜となっています。悠遊カード利用時は運賃は2割引になります。地下鉄の台北駅で購入した母によると、購入時に日本語でカードの一覧表を見せてもらったそう。旅行者なので「無記名」のものを選ぶと良いようです。三日間の旅行で、空港行きMRTの料金含めて400NT$チャージ、購入100NT$含めて合計500NT$程度の交通費。最終的にチャージは50NT$ほど余りました。

ものくろ流!文章に慣れよう講座で「書くこと」の交通整理が出来た

ものくろ流!「文章に慣れよう講座」に参加

2017年2月22日(水)、東京・浅草橋のKitichen Beeにて、ものくろ流!「文章に慣れよう講座」に参加しました。
第一回のテーマは「上手に伝わる文章を書きたい」。
参加したことで「書くこと」の交通整理ができました!

「ものくろキャンプ」のワークショップについて詳しくはこちら 


ブログを書くときの悩みと原因

私がブログを書くときの悩みは「長文グセ」。
書き始めると、2000字強。ダラダラと時間がかかってします。中身がまとまってないため記事を分ける必要が出てきます。面倒になって更新を諦めます。
今回参加したことで、長文の原因と解決策が明らかになりました。

【原因1 時間の課題】書き終わりを決めていない
→解決策 書く時間を20分プラスαと制限して書く。
【原因2 中身の課題】「伝えたいこと」がまとまっていない
→解決策 書き始めに「決め台詞」を決める。 書き終えたら、スタートと着地点が一致しているかチェックする。
【原因3 態度の課題】書きながら自分の悪い部分をジャッジしている
→解決策 自分をジャッジする文は、読み手をジャッジするのと同じ。読み手がすらすら読めるものが良い文章。シンプルに伝えよう!


この講座から得られたのは「悩まずに書くこと」の心構え

この講座では、文章を書くためのハウツーも教わります。編集エディタなど便利ツールの紹介もあり助かりました。加えて、少人数ということもあり、書くこと以外のブログに関する「困った」を細かくフォローをしてもらえました。

何より、私がこの講座から得られたのは「悩まずに書くこと」の心構えです。「上手に伝わる文章」とは、わかりやすく、やさしい文を書くことで、読者が行動する文章のこと。そのためには、読者に伝えたいメッセージをシンプルに削ぎ落とすまで、自分と向き合うことが大切。


フィードバックでもやもや解消

講座の最後に実際のブログ記事を見てもらい、フィードバックをもらいます。参加者同士で、修正ポイントを互いに学び合えるのが良かったです。自分の文章で「もやもや」していた部分がクリアに。「文は一人では上手くならない」ということを実感します。

「わかりやすい文」にする、「シンプルなメッセージ」で書く。そんな文の書き方をわかってるつもりで、こんがらがっていました。参加したことで「書くこと」の交通整理ができました!

この講座は6回シリーズのライティング入門コースで、第二回は2017年3月30日(木)、第二回 悪文とは何か?改善方法を知るです。文を上手に書きたい、自分では書けていると思うけど「もやもや」がある、客観的な視点で文をブラッシュアップしたい人にオススメです。

『LIFE SHIFT:100年時代の人生戦略』〜有形資産・無形資産の簡易診断で人生100年に向けた資産形成の現状確認をしよう

『LIFE SHIFT:100年時代の人生戦略』
2016年10月に日本語訳が発売され、だいぶ話題となり読んだ人も多いかと思います。またこの本を使って読書会を開いている人も私の周りには多く、知ってる限り5つぐらいあります。私も、そのうちの一つに参加し、Facebookコミュニティーで「ライフシフト」な情報交換を続けています。

その中で、繰り返し説かれているのは、「有形資産」と「無形資産」をバランスよく、100年ある寿命を見据えた長期的視点で築くことの重要さ。
著者リンダ・グラットンらのグループは、とりわけ人生100年時代に必要とされる「無形資産」をどのように築いていくか継続的に調査しているそうです。
『ライフ・シフト』の公式サイトにて、「有形資産/無形資産」をどのくらい築いているかの簡易診断(http://www.100yearlife.com/diagnostic/)ができます(英語・かかる時間は5分ほど)。どの資産を伸ばしていくと良いかの判断材料になりそうです。

「有形資産/無形資産」の簡易診断
早速、私も診断!
年齢範囲、性別、国を設定して、いくつかの質問に答えていきます。
診断内容は、無形資産である「生産性資産」「活力資産」「変身資産」の3つと「有形資産」のスコアが0−5までのスコアで表示され、「構築している」<「維持している」<「枯渇している」の三段階で評価されます。

私の結果はこちら!
無形資産のうち
「生産性資産」4.57/5ー構築している
「活力資産」4.22/5ー構築している
「変身資産」4/5ー維持している
有形資産ー2.67/5ー枯渇している

圧倒的な有形資産の不足。
本を読みながら、十分予測していた通りの結果ではあるのですが、数値で見ると、せめてスコア3はいっておきたい。
診断の解説には、その資産を上げるための問いも記されてあるので、自分に問いかけながら、日々足りないところを磨いていきたいと思いました。

また、スコアとしては全体的に高い無形資産ですが(ポジティブな性格が影響?)、「変身資産」はまだ「維持」で意外な感じ。もっと冒険してもいいのかな?!

活力資産でいうと、本書では、仕事中の休憩の取り方が、長期的な健康に影響してくるという考えに基づいており、結果に反映してくるのではないでしょうか。私も、PC作業中、こまめな休憩・休息をもっと心がけなければ!

改めて気が付いたのは「無形資産」の伸びしろは無限だということ。スコアとしてはほぼ5を示していても、これを追求することに終わりはないし、終わると思っていては、きっと「枯渇」へ評価は落ちていってしまうでしょう。「無形資産」を築く努力は人生の豊かさを追求し続ける人間らしい生き方ともいえますね。

一方で、「無形資産」を優先させたいために、「有形資産」を犠牲にしてきてしまっているのが私の現状。

長時間労働だと会社のみで人間関係が成立してしまう(窮屈!)、お金は得られるが健康に問題が出る(たった4年間のフルタイム時代で、帯状疱疹、うつ病、肺炎2回と年1ペースで1ヶ月以上仕事を離脱する病気)、趣味や次のステップのためのスキルアップに時間が取れない(ストレス!)、故にフルタイム労働には向いていないと判断して「ステップダウン」を選択。
また若い時に、勉学優先して、仕事の適切なキャリアを積んでこなかったために計画的な有形資産を築く機会を失っている、ちょっと取り返せない実情も(笑)今ある無形資産への努力が、何らかの有形資産につながっていくことを期待です。そのためにもここ数年で得てきた生産性資産のアウトプットを増やしたいところ。

これまでフルタイムである程度の有形資産を築いている方で、もし長時間労働などが「無形資産」を阻害する要因になっているのであれば、働き方の多様化や活力資産を上げるための施作が進めば、多くの人にとって両者のバランスが取れる理想の形を見いだすことができるのではないかと思います。

簡易な診断でありますが、現状確認や現状への問いに、100年人生の長期的視点で「資産」を築くきっかけに、使ってみるのもよさそうです。

*『LIFE SHIFT』要旨
1.平均寿命が伸びて、これからは人生100年時代になる。
2.「教育」→「仕事」→「老後」の三段階のライフステージが通用しにくくなり、人は生涯を通じてマルチステージで生きるようになる。
3.教育機会や働き方の多様化が必須となり、それに対応した「有形資産(収入・貯蓄・年金の長期的計画)」と「無形資産(生産性資産:スキルや知識の向上・活力資産:心身の健康・変身資産:変化に対応する能力)」を築く必要がある。

【千葉】2017. 3/1(水) 201ライトニングトーク会(「食」にまつわる本・作品編)

「201ライトニングトーク会(「食」にまつわる本・作品編)」
【本のライトニングトーク会】を開催します。

テーマにそった本を題材にアイデアや経験をシェアするライトニングトーク
今回のテーマは「「食」にまつわる本・作品」

  • おススメの本(作品)について語りたい
  • 短く、わかりやすく伝えるプレゼンの練習をしたい
  • 考えや経験をシェアして学びたい
    話したい人、聞きたい人を募集します。

「食」は味覚だけでなく視覚、聴覚、嗅覚など五感を刺激し、生活を彩ります。本や映画作品では「食」で印象に残るシーンを作り出したりします。
また、「食卓」はそれぞれの文化そのものを表すので、あらゆる国の食もとても興味深いですよね。私たちの心身は「食べたものでできている」とも言います。生きる基本でもある「食べること」にまつわる本・作品を通して、あなたの視点で「食」を語ってください!

「食」をテーマにライトニングトークをしてみませんか?

日時:2017年3月1日(水)19時ー21時
場所:千葉コワーキングスペース201(JR千葉駅西口徒歩3分) http://chiba-coworking.com/
参加費:1000円(コワーキングスペース利用料・フリードリンク付)
持ち物:話したい人はテーマに沿った本または資料になるものをお持ちください(なくてもOK)。プレゼン時間は一人5分を目安に準備してください。プレゼンには、パワーポイントなどを使いプロジェクターで説明することもできます。
参加申込方法:Facebookイベントページの参加ボタンを押すだけでOKです。
FB以外は、千葉コワーキングスペース201またはsaeko@bucyou.netまで参加者のお名前、人数をおしらせください。

*2014年より201で不定期で行っていた「恋する読書会」シリーズを、本をテーマにした「ライトニングトーク会」として開催しています。ぜひお気軽にご参加下さい!

千葉:「ニューヨークの歩き方:最旬スポットから文化的背景まで」旅イベント開催

3度のニューヨーク旅と「都市における女性の居場所」に関する考察を大学院での研究テーマとしてきた川原さえこによる「ニューヨークの歩き方」をお話しするイベントを開催します。
実は一度8月に開催したのですが、「聞き逃した〜!またやってほしい」という声をいただき、再開催が決定しました。

イベント詳細:
【201さえこの部屋】New Yorkの歩き方:最旬スポットから文化的背景まで

日時:2017年1月20日(金)19:00-21:00
場所:千葉コワーキングスペース201 chiba-coworking.com/
参加費: 2,000円(当日支払、コワーキングスペース利用料・フリードリンク付、お土産にトークテーマにちなんだお茶菓子とオリジナルのNY旅のしおりが付きます)
申し込み方法:FBのイベント参加ボタンを押すだけでOKです

*第2回 201さえこの部屋*
テーマは再び「ニューヨーク」!
NYの最新スポット紹介しつつ、単なる観光ガイドだけでない、NYの移民文化の多様性や「場所」の考察を交えたお話にして、たっぷりNYを堪能する会。

前回の参加者からは「衝撃的でした!」「その土地の時代背景や歴史、文化を知ると旅行の楽しさだけでなくて映画や演劇や本の面白さが何倍にもなる」といった感想をいただきました。

今回は、お店情報など最新情報に改訂の上、テーマにちなんだお菓子と旅のしおりをお土産付きにして開催します!

NY好きな人も、これから行ってみたい人も、まだ行ったことのない人でもNY通になれます〜(笑)ガイドスライドと充実すぎる地図も公開。旅好き、海外カルチャー好きは是非ご参加ください♥
今アメリカで起こっているニュースを含めNYという場所が持つ意味について掘り下げていきます。

明日から「街」を見る目がちょっと変わってしまうかも。

トーク会でご紹介する「東京で楽しめるNYスイーツ巡りツアー」も別途企画あり〜(詳細後日)。

※「さえこの部屋」とは?…千葉コワーキングスペース201で開催するライトニング会から派生したイベントです。
ライトニングトーク会はこちらhttps://www.facebook.com/events/977745919005676/
ライトニングトーク会主催者のひとり、川原さえこが7分のプレゼンでは話しきれないテーマの文化・社会背景について様々な話題を取り扱います。どなたでもご参加できますのでお気軽にいらしてください。

申し込みは、Facebookイベント参加ボタンを押すだけでOKです。https://www.facebook.com/events/1804568803115586/
FB外は、saeko@bucyou.netにメール(お名前と参加人数)、または201にお問い合わせください!

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY DAY24(2016.12.24)

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY
DAY24(2016.12.24)

今日でNYもの紹介はおしまいです。話の続きはイベントにてお楽しみに(笑)

アドベントカレンダー最終日はBaked。https://www.bakednyc.com/
カップケーキにブラウニー、ウーピーパイなどNYらしいスイーツを扱うシンプルなベーカリー。趣味のスイーツ探求に、「時間とお金と情熱」をかけているうちにそれが商売になったという男性二人のオーナー。ブルックリンはレッドフックが本店、レシピ本もヒットした人気店です。
2016年8月に伊勢丹新宿のデパ地下コーナーにでき、東京でも手に入れられます!とはいえ、元広告業界&グラフィックデザイナーのオーナーたちがこだわるアートセンスが良く、NYの店舗で楽しめたら素敵ですね。


〜8月に好評だった「NYの歩き方」トークイベント。
NYの最新スポット紹介しつつ、単なる観光ガイドだけでない、NYの移民文化の多様性や「場所」の考察を交えたお話にして、たっぷりNYを堪能する会。
201千葉コワーキングスペースにて最新情報を追加して2017年1月20日(金)19時〜21時に再び開催です。
申し込みはFacebook https://www.facebook.com/events/1804568803115586/
またはsaeko@bucyou.netまでお名前と人数をおしらせください。

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY DAY23(2016.12.23)

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY
DAY23(2016.12.23)
NYではチャイナタウン、リトルイタリーを始め、世界中の移民たちの美味しい食事がたくさん楽しめる場所。その中でも、中東料理であるFalafel(ファラフェル)は、あちらこちらに小さなお店や屋台を構えています。ピタパンに挟んだひよこ豆のコロッケとサラダに白ソースとスパイシーな香りが小腹を満たすのにぴったりです。食べ比べもいいかも。2009年、私が食べたのは、こちらのお店。
Mamouns
https://www.yelp.com/biz/mamouns-falafel-new-york-2

〜8月に好評だった「NYの歩き方」トークイベント。
201千葉コワーキングスペースにて2017年1月20日(金)19時〜21時開催です。
申し込みはFacebook https://www.facebook.com/events/1804568803115586/
またはsaeko@bucyou.netまでお名前と人数をおしらせください。

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY DAY22(2016.12.22)

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY
DAY22(2016.12.22)
「Milk」というネオンサインが目印のモモフクミルクバーもNYに行ったら試したいソフトクリームのスイーツ。マンハッタン内5店舗、ブルックリン側に2店舗。
近々、西海岸はラスベガスに店舗ができるみたいなので、ラスベガスでの楽しみにも付け加えておけそう!
http://milkbarstore.com/main/

A photo posted by milk bar (@milkbarstore) on


〜8月に好評だった「NYの歩き方」トークイベント。
201千葉コワーキングスペースにて2017年1月20日(金)19時〜21時開催です。
申し込みはFacebook https://www.facebook.com/events/1804568803115586/
またはsaeko@bucyou.netまでお名前と人数をおしらせください。

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY DAY21(2016.12.21)

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY
DAY21(2016.12.21)
今日は、食べ物系ではなく美術館の紹介。2015年5月にハイライン公園の南端に引越しした、現代アメリカアートが専門のホイットニーミュージアム。現在やっているDreamlands: Immersive Cinema and Art, 1905–2016という展示が面白そう!
展示だけでなく、屋上からの眺めも良く、金曜と土曜は夜10時まで空いているので、夜景も楽しめます。
アメリカの美術館ではpay what you wishという、自分で入場料を決めて入る曜日と時間帯を設けることがあって、ホイットニーは金曜の夜7時以降。
pay what you wishは各美術館で異なるので事前にHPなどチェックの上、ぜひ活用してみてください(最低2ドルが目安かと)。http://whitney.org/

こんな感じでお得なNY情報ありつつ、文化的な背景やNY舞台にした映画などの解説もしちゃうてんこ盛りのイベントは1月20日であります。
〜8月に好評だった「NYの歩き方」トークイベント。
201千葉コワーキングスペースにて2017年1月20日(金)19時〜21時開催です。
申し込みはFacebook https://www.facebook.com/events/1804568803115586/
またはsaeko@bucyou.netまでお名前と人数をおしらせください。

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY DAY20(2016.12.20)

2016 Advent Calendar: Happy Treats in NY
DAY20(2016.12.20)
街角にある屋台をニューヨークではVendor(ベンダー)といい、毎年Vendy Award(屋台大賞)などがあるほど定着。昔ながらのホットドック屋台に加えて、フードトラックは全米で増えていて人気があります。Wafels & Dingesは、そんなフードトラックで有名なベルギーワッフル(フランチャイズ化していてNY中にトラックが出ている)のお店。フードトラックの多くは公式HPやツイッターで位置を確認できます。http://dinges.nyc/

〜8月に好評だった「NYの歩き方」トークイベント。
201千葉コワーキングスペースにて2017年1月20日(金)19時〜21時開催です。
申し込みはFacebook https://www.facebook.com/events/1804568803115586/
またはsaeko@bucyou.netまでお名前と人数をおしらせください。