研究員記

FIRST Robotics Competition支援奮闘記

CoderDojo Advent Calendar Day11 として書いております。平井インターネット研究所の所長でございます。このブログでは滅多に現れませんが、今日は登場してみました。

皆さんは、「ロボットコンテスト」というと何を思い浮かべるでしょうか。直ぐに思いつく範囲としては、NHKの高専ロボコンが思いつくでしょう。他にも、有名所としては、自律走行にフォーカスしたETロボコンWROなどが存在します。
今回紹介するのは、FIRSTというアメリカの非営利法人がやっている、FIRST Robotics Compention (通称FRC)というものです。FIRSTのキャッチフレーズである「MORE Than ROBOTS」の通り、ロボット作りだけに限らず、ロボット周辺にある様々なことも学ぼう!というプログラムです。

日本では、FLL JR, FLL という、中学生以下のプログラムについての予選会などを行っているのですが、 高校生向けのFRCについては、今のところ直接参加する他ないようです。

偉そうに語っておりますが、自分もこんな世界があったことは、今年の夏までは全く露知らずだったわけであります。知ったきっかけとしては、CoderDojo千葉県への一通の問合せでありました。

初めまして。
中嶋花音といいます。今回はお伺いしたいことがあってご連絡をさせていただきました。
私は今東邦大付属東邦高校2年で、来年の1月から4月にかけて開かれるFIRST Robotics Competition という国際ロボティックス大会に出るためにチームを千葉で新規作成しようと、今は活動場所、メンターの方々、メンバー(中3から高3まで、生徒の通学する学校を問わず)として一緒に活動したい方々を集めようとしているところです。
Coderdojo さんの方で上記いずれか、またはどんな方法でも、チームを支援していただくことは可能でしょうか?
問合せがあったのが、5月4日。当時、中嶋さんは日本におらずミネアポリスに留学中でありました。その中で、FRCに参加するアクティビティを経験したようで、日本でも是非チームを作りたいとのことでした。
なるほど、そいつは面白そう!ということで、気軽な気持ちで「いいよ〜。何が出来るかは知らんが、CoderDojo Chiba として、できる範囲で支援するよー」なんてメールを返したのでした。(どうやら、他のいろんなところに打診したようなのですが、OKをしたところはなかったようです。)
恥ずかしながら、自分はWebな人間でありまして、ハードの類はArduinoを少々触れる程度であります。
いきなり国際大会ということで、かなりリスキーそーなプロジェクト(実際リスキー)にしか感じられないのですが、なぜ引き受けたのかという点があるかと思います。
元々CoderDojoを千葉で開いた理由が、自分が中学生ぐらいのころの「プログラミングをやりたいんだが、どこに相談したらいいのか、全く見当つかねぇ…本も田舎だから、よいのが図書館にねぇ。。」(当時2005年くらい)から来る悔しさだとか、中学校に部活動がほぼ運動部しか無い上に、ほぼ強制参加というダメなシステムに対する反抗心なので、こんな感じで若い人に「相談に来てくれたら」来るもの拒まずに行くぜ!というポリシーで運用しております。
しかし、フタを空けてみれば、やはり厳しさが待っております。
  • 資金調達
    • 参加費だけで 6,000ドル。つまり、70万相当。この料金の中には基本的なロボット製作に必要な素材が含まれる。個人的には 6,000ドル以上の価値はあると思う。
    • 資金調達も社会勉強としてやりなさい」というプログラムで、この辺がアメリカ的な甘くない感じを演出している。
    • 日本では大会をやっていないので、渡航費・運送費についても考慮の必要あり。
  • ロボット製作経験
    • 彼/彼女達は別にロボット製作経験が豊富というわけでもない。
    • 高専などではない。
  • 知識面
    • ロボット制作だけでなくFRC自体よくわかってないメンターとチームメンバー達。
    • プログラミングスキルは学校の技術・情報の授業でBASIC (!?) を多少やった程度。
  • 期間
    • ロボット製作自体はルール発表から、6週間という短さの中で行う必要がある。
    • チーム作成自体が夏〜秋にかけて行われたので、知識面の補充。

言語面に関しては、特に不自由なく英語を話すメンバーがいるという感じなので、あまり問題とはしませんでした。ここはかなりのアドバンテージかもしれません。

FIRST自体が MORE Than Robots というキャッチフレーズを掲げるだけあります。ロボットだけではないのだ。

やってきたこと

  • 知識面・制作面では千葉工業大学に打診をしてみることをオススメしてみました。活動場所が千葉県内(特に津田沼・船橋付近)であること、ロボットで著名な事などが妙にマッチしていたためです。なんと、国際的なチャレンジということで快く引き受けてくださいました。千葉工業大学はいい大学です。
  • とにかく資金調達は課題。CAMPFIREでのプロジェクトを実施しました。さらに、殆ど(参加メンバーの)ツテなのですが企業スポンサーが3社付きました。結構ギリギリで参加費を集めることができました。なんとかする力って大事です。
    • 参加費がなんとかなったという点を確認後、一旦、自分が立替ました。クレジットカードで6,000ドルを決済するのは初めてなので、無事停止喰らいました。直ぐに電話してロック解除してもらいました。ありがとう楽天カードのカスタマーサポート。
  • Webページをメンバー達に作ってもらいました。サーバはこのブログと間借りしてますが、ドメインなどは取得しました。技術的なところは多少助けましたが、ほとんどがメンバーによる運用です。
  • Twitter アカウント作ったりFacebook ページを作ったり。
  • サポーター・スポンサー向けの Facebook グループを作って活動を見える化しました。
  • 小さなロボットをタミヤのキットやセンサーを使って作りました。(千葉工業大学の学生さんにすごく助けてもらっています。)
  • AUTODESK様主催のCAD入門に参加
  • 記事にしてもらいました。

などなど、自分から指示したものもあれば、メンバーが自力で提案してやっているものもありますが、基本的にはメンバーが最終的にやる形を作っています!

自分がやっちゃうと意味ないし、疲弊してやれないからね!自分の体力は問題であります。

こんな感じで、CoderDojo の提示するターゲットの範囲で、テクノロジーに関することであれば来るもの拒まずスタイルを貫いて活動しております。ただし自分がどれだけ支援できるかは、参加メンバー、すなわちNinjaのやる気と働き次第です。今回は、そんな CoderDojo がちゃんとテクノロジーで困った若手を支えられる枠組みになれたかな?と感じられた最近の活動をお知らせしました。

最後、宣伝となってしまいます。

  • 参加費は払えましたが、輸送費・交通費などトータルで見れば資金的に赤字状態であります。もちろん、メンバーが最終的に自分で払わなければならない可能性があり、覚悟してもらうことは確認しましたが、基本的には地域 (千葉、関東、日本、アジア?) のファウンディングを得て参加する大会です。少しでもよいので、力添えいただけるとありがたいです。
    • 支援についての情報はこちらから
    • 資金的だけでなく、技術的、人的な支援の形でもありだと思います。例えば広報をちょっと手伝ったり、スポンサーに繋いだりなども想定できます。お問い合わせください!
    • 支援して頂いた方について、彼/彼女たちの活動についてオープンにして、見られるようにしております。是非遊びに(手伝いに?)来てほしいです。(1度遊びに来てもらってから支援を決定する形でも良いと思います。お問い合わせください!)但し場所は、千葉県内になる点ご了承ください。
    • 私個人宛になりますが、VALUでも同様に受け付けております。



リターン・特定商取引法に基づく表記についてはこちら

  • 日本は私達のチームのほかに、東京に Indigo Ninjas というチームがあります。このチームは参加4回目の、自分たちからすると国内では大ベテランであります。自分は直接やり取りしていないのですが、かなり助けてもらっているようです。やはりこちらのチームも資金調達中です。少しばかりではありますが、私も支援しました!

 

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め DAY9(2017.12.09)

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め

DAY9(2017.12.09)

Bluestone Laneは、オーストラリア・メルボルンのコーヒー文化に影響を受けたコーヒショップ&カフェ。カフェ店舗で、アボカドのトーストとオーストラリア式のラテでも飲んで、ゆったりブランチしてみたいです。

https://bluestonelane.com/

言葉のイメージで体を動かす:理想の動きの言葉やオノマトペで体の動きを整える

保育士資格を持っているため、保育のお仕事やボランティア活動をしています。
子どもの発達を促すのに、オノマトペ(擬態語)が効果的という話を耳にしたことがあります。
絵本では、例えば走る音を「そろそろ」にしたり「どんどこ」にしたら誰がどう走っているか違いが出ますし、雨が降る音を「しとしと」と表現するのと「ざあざあ」と表現するのとでは雨の感じがだいぶ違います。
他にもリトミックでは、音と体の動きを一致させながら、表現力を豊かにしていきます。音を使って、その動きの感触を確かめて一致させていき、体の動きを覚えたり、心の細やかな動きを知ったりします。
こういうオノマトペの表現は、動きをイメージすることができ、例えば「シャッキっと」と言ってみると、背中を伸ばす動きが自然と身についていると思います。

このオノマトペの表現は、大人になった私にも有効です。
例えば一人で家にいてなんだか家事が面倒だなという日、でも家事は終わらせたいなというとき、「さっさか」とか「スッキリ」という言葉で、片付け終わった理想の状態をイメージできますし、体を動かしたいなら「キビキビ」と唱えながら動いてみると、案外動けるものです。

大掃除のシーズンや溜まった家事を片付けたい休日、どうせなら気持ちよく動きたいので、ちょっと面倒だなと思ったら「キビキビ」と思い切って口に出して、興が乗るように動いてみるといいかもしれません。

手作りコチジャンクラスに参加:料理のアレンジを楽しんでいます

2017年10月に浅草橋にあるレンタルキッチンスタジオKitchen Beeで開催された「【うめちゃんの発酵教室】コチュジャン作りクラス」に行ってきました。

市販のコチジャンは添加物や水飴がたっぷりで使いきれないことが多いのに対して、こちらではこだわりの厳選素材で添加物・砂糖なし。コチジャンが発酵食品という意識すらなかった私ですが、オーナーであるうめちゃんに丁寧な準備をしていただき、楽しく仕込んできました。

2週間発酵を待って出来上がり。鍋にはもちろん、炒め物などアレンジが自由に効くので嬉しい。作る際に甘口・辛口から選べるため、甘口を選んだのですが、辛すぎないので、味付けに程よいアクセントとなっています。これまで鍋に使ったり、炒め物にしたり、鶏肉団子に混ぜ込んでみたり、ちゃんちゃん焼きにちょい足ししたり。料理の幅が広がります。

合計でご飯3号分作ったので、1号分を実家の母にプレゼントしましたが、まだまだあって大満足です。この冬、本当に大活躍しています。

コチジャン作り含むKitchen Beeでの発酵食クラス(12月)の詳細はこちらです。

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め DAY6(2017.12.06)

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め

DAY6(2017.12.06)

高級ブランドやデパートが立ち並ぶ5番街の老舗デパート・バーグドルフ。アートインスタレーションのようなショーウィンドウのディスプレイが名物。こちらのデパートの歴史、ブランドデザイナーのインタビュー、シーズン毎のショーウィンドウを作るまでの過程など、このデパートにまつわるエピソードを詰め込んだドキュメンタリーで、そのこだわりをうかがい知ることができます。

『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』(2012)
英語版の予告編

日本語版の予告編

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め DAY5(2017.12.05)

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め

DAY5(2017.12.05)

Day2で紹介したBroadway Market Co.のフードより、ポルトガルのPastel De Nataというスイーツ。エッグタルトのルーツ。
お店は、Joey Bats Sweets
https://www.instagram.com/joeybatssweets/
エッグタルトといえば香港?と思ったのですが、元はこの「パステル・デ・ナダ」と言って、リスボンの修道院で18世紀以前に発明されたもの。それがイギリス人によってカスタード風に改良してマカオのお店で出し、そして香港にも広まったそう。
Wikipediaパステル・デ・ナダ参照

そうして、移民の街、NYでポルトガル由来のお菓子を売っている。「食」の文化・歴史背景って面白いです。

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め DAY4(2017.12.04)

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め

DAY4(2017.12.04)

Day3で紹介した「Bank of America Winter Village at Bryant Park」のHoliday shopsの中から、目を引いたスイーツ店をご紹介。

Jars by deni
https://www.jarsbydani.com/
ジャーポットにカラフルなケーキ、クリーム、チョコスプレーなどを層にした目が喜ぶスイーツ!
青いスイーツの会を自宅で開いたわたしとしては気になります。

Holiday Shops
Monday – Friday: 11am-8pm
Saturday & Sunday: 10am-8pm
Many Shops are open on major holidays

会場案内パンフレット(PDF)

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め DAY3(2017.12.03)

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め

DAY3(2017.12.03)

NYマンハッタンのど真ん中、MidtownにあるBryant Park(タイムズスクエアからも歩ける距離)では2017年10月28日〜2018年1月2日の期間、「ウィンタービレッジ」が開かれています。広場の中心には、クリスマスツリーに、アイススケート場。そして、雑貨や食べ物を売るヨーロッパのクリスマスマーケットをイメージしたHoliday shopsが並んでいます。

寒い冬、クリスマス気分を盛り上げてそぞろ歩きしたい、そんな場所です。

ちなみにスケート場は3月4日までオープンし、無料。
Bank of America Winter Village

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め DAY2(2017.12.02)

2017 Saeko’s Advent Calendar: NYの気になるもの集め

DAY2(2017.12.02)

Broadway Market Co.
http://www.broadwaymarketco.com/

60ほどの、ハンドメイド商品など、小商いのデザイナー中心の屋台が入った屋内型のマーケット。SOHO地区のユニクロやH&Mのあるお買い物ストリート!ブロードウェイ通りにあります。ここ数年、アメリカではアンティークテイストのファッションが流行していて、そんな気分にマッチする古い建物のインテリアの中、小さなお店が並んでいるみたいですね。

入り口はちょっとわかりにくそうですが、どうやらキリンが目印、ウィンドウでは目を引くパフォーマンスなどもやっているみたいです。インスタの写真をみるに、Mr.Broadway Marketなる人物が迎えてくれる模様。ややケバケバした装飾とファッションセンスもNYっぽいなーって思います。
https://www.instagram.com/broadwaymarketco/

2017年の転機、月ごとの振り返り

2017年の転機となる、月ごとの振り返り

ちなみに私にとって「転機」とは劇的なものではなく、「点と点が繋がって今の道に成るために起きたこと」です。

1月【イメージする】
今年もドリームマップ作成ワークショップ。2年目とあってより自分らしさが溢れる出来に。一人時間をとる、スペースを作る時間。人に頼れる甘えられる私。屋台でどこにでもいくような働き方。ファッションを変える、「もう一つの椅子」の構想など。

2月【動く】
コワーキングスペースのイベントで偶然出会ったものくろさんの翌週の文章講座に即申し込み。ものくろさんは2016年12月に野望の商店街忘年会で出会ったKitchen Beeオーナー梅さんと「ものくろキャンプ」を主宰する方。ブログコミュニティーに参加し、たくさんのブロガーさんに刺激を受けるきっかけになりました。1つの出会いが次々と出会いを生んでくれました。

3月【自分を知る】
上記のブログコミュニティーで見つけたファッション骨格診断を受けて「本来の自分」の魅力について知る機会に。選びたい洋服、これからやりたいことなど、求めていくものが少しづつ変化。

4月 【繋がる】
2016年野望の商店街で出会った古今東西好奇心の旅・御門文さんが開いた、胡桃堂喫茶店でのイベント「ペルシャの夕べ」のお料理係りお手伝い。おもてなしのプロの仕事を間近でみたり(鳥肌もの)、得意分野を生かしたチームワークに感銘した。そこから生まれた「チームわらしべ」の繋がりがさらに世界を豊かにしてくれた。

5月 【出会う】
Points of You認定エバンジェリストになる。「視点を超える」を大切にしている自分の様々な活動を一つに統合する、自分にしっくりするツールとの出会い。

6月【旅する】
2度目のアイルランド(ダブリン)と初のヨーロッパ(イギリス・フィンランド・エストニア)巡り。12歳でイギリスにいつか住むと決めたその日から、漬け込みすぎた憧れに落とし前がつく(笑)エストニアの独特さに惹かれる。ヨーロッパはこれからも憧れ続けたい。

7月【目標を決める】
「他人の目標を立てる会」に参加。自分の視点や蓄積した知識が人の役に立ったり、自分でそうありたいけど、できないと諦めていた働き方ややってみたいことなど刺激を受ける。

8月【食べること・作ることと向き合う】
「みりんとスパイスの会」に参加。料理はもともと好きだけど、「料理すること」「食べること」への態度が一変しそうな深みを知る。4月のわらしべつながりから参加。さらに世界が広がる。
みりんの会で料理を提供していた森本桃世さんが、発酵料理をたっぷり作ってくれた「パントーク」に参加。発酵デザイナーの小倉ヒラクさんと西荻窪にあるパン教室「Happy Deli」主催の梶晶子さんのトーク。小倉さんの文化人類学の視点も交えた発酵の知識、ヒストリーに胸が踊りました。

9月【外に出す】
移動型コワーキンググループ「もう一つの椅子」のコンセプトを決めて、小さく仲間を募る。「本屋同行・本屋ツアーwith Points of You」を思いつきはじめてみる。今まで自分の中に温めた、自分の世界観を外の空気に触れさせるグループ作り、サービス作りをしてみる。今まで一人開催してた旅の報告会イベントで得意な人に料理を手伝ってもらう。おもてなしレベルが上がって助かる。自分でできそうなことも人の手に頼ることで出来ることが増えると知る。

10月【調べる】
千葉地図ラーの会で、「平井島の成り立ち〜なぜ2つの川に囲まれたか」という発表。地図の調べ方とかに詳しいわけでないので、地図の猛者たちの前の発表に当日までドキドキしたけど、川を見に行ったり、図書館で一生懸命調べた。住んでる街の成り立ちを知れた。猛者たちはみなさん優しく、やはり物事に詳しく、地図をこよなく愛する素敵な大人たち。こういう大人になっていこうと思った。
古今東西好奇心の旅・御門文さんとのコラボでオンライントーク会「わらしべ旅語り」を始める。色々調べてきたこと・考えてきたことをお互いの経験の相乗効果で伝える場になってる。

11月【並べる】
コンサルを受けて、過去の活動を一覧にして並べる。自分を伝えるプロフィールを作る。「もう一つの椅子」という屋号で本屋出店。本を並べる。自分の活動を陳列してみる。大事に抱えていた好きなものを手放して、喜んでもらえる。一覧を作ったことで、私の世界観が伝わり反応があることの喜びを感じる。

12月〜来年2018年は
「並べる」「外に出す」ものを決め、「形」「商品」にしていく。続けていく。続ける仕組みを作る。これまでの歩みを統合して、今まで以上に、地味にコツコツと、手間暇かけて自分の本筋を育てていくイメージです。

写真のようなドリームマップ作り。毎年年始に参加しています。雑誌の切り抜きの作業に没頭できるので思考が取っ払えて、内なる欲がむくむくと出てくるので楽しいです。作ったものはその人らしさが出ます。私はいつも部屋に飾っています。毎日眺めるのでイメージが刷り込まれていって、すぐ夢が叶いやすい気が。興味ある方はFBイベントページをどうぞ(主催はCo-leaders。コーチングをなさる素敵なご夫婦です)。
https://www.facebook.com/events/179529539267888/