本屋活動をはじめてみて発見したこと、これから

2017年11月に「もう一つの椅子」という屋号で本屋として出店し、店舗を持たない本屋活動をして約7ヶ月。思うところをツイッターの投稿振り返りでまとめました。

 「もう一つの椅子」コンセプト

本屋屋号であるところの「もう一つの椅子」は、そもそもRandom act kindnessという「身近で偶発的な親切行動の連鎖を起こす」アメリカの活動に触発されて思いつき、「移動型コワーキンググループ」として始めた。本屋活動は、その目的の媒介となりうると考え、本屋活動を始める際に、そのまま屋号とした。

もう一つの椅子の案内文は次のようなもの。
「私、川原さえこのいるいろんな居場所の隣に「どうぞご自由にお掛けください」とあなたのために開けておく椅子を用意しておく、そんなイメージです。椅子の使い方はあなた次第です。
絵本の「どうぞのいす」が由来。小さな偶発的な行動や親切が、巡り巡って、予想してなかった素敵な何かが生まれたらいいなと思っています。
緩やかで偶発的な繋がりを大切に、あなたの心の居場所となるような「椅子」をそっと用意しています。」

本屋屋号:もう一つの椅子

「椅子」の比喩に込めたもの

つまり椅子とは実際の椅子ではなく、「居場所」「もう一つの視点」「繋がり」の比喩。読書は極パーソナルな体験であり、同時に自分の枠を超えるような「隙間」を人生に作り出すこと。「私のパーソナルな場=読書空間を外に開く」という意識によって、何か目に見えなくても、コドバにならなくても、そこにあるもの。「存在」と言い換えていいかもしれない。

4月14日に開いた、イベント「もう一つの椅子」chairforyou1.peatix.com

縁あって「もう一つの椅子」イベントに参加した
ブログ著者の関心である「場づくり」から見たイベント参加の感想をいただいた。「もう一つの椅子」のコンセプトが比喩としての椅子であり、私の世界観から、小さなともしびを誰かに伝える活動であることを思えば、大変嬉しい感想である。

店舗を持たない個人としての本屋活動と私

店舗を持たない個人としての本屋活動には次の項目がある。

1.一箱古本市に出店して手持ちの古本を売る
2.新刊を扱って売る
3.本に関連する雑貨を販売する
4.ZINEとよばれる同人誌を作り販売する
5.フリーペーパーを発行する
6.本に関するイベント(小さめの読書会から大型フェスティバルなど)を開催する
7.一箱古本市を主催する
8.ネット上で本屋を開く

全てやる人も、いくつかを複合的にやる人も、どれか1つだけやる人もいる。
また、古本市には出ずに、間借り本屋(カフェや本屋実店舗などスペースを借りる)上記の項目をやる人(こちらも複合タイプと1個だけタイプがある)も、古本市と間借り本屋両方やる人もいる。
他にも、様々な形で「本」と関わる活動をしている人、自分では本屋をやらないが、上記のような本屋さんをサポートするための活動をしている人もいる。

「もう一つの椅子」は、これまで合計3回の古本市出店、吉祥寺カフェトリエでの間借り本屋で、古本と自作冊子販売し、「もう一つの椅子」名義で2つのイベントを開催した。

実は、本に関するイベントは、「もう一つの椅子」を始める以前に、2014年から友人とともに不定期に開催してきたので、これまでやってきたことの延長線上に本屋としての活動がある。

参照:本のライトニングトーク会開催報告

屋台的働き方の実験として

移動可能で、小さく始められ、誰にでもアクセスしやすい「屋台的働き方」というのをいつかは実現したいと思っていた。本屋活動は「働く」ではないけれど、自前のプラットフォームとして、形を与えてくれた気がする。

店舗を持たない、本屋という名の形のない「場」。そこで新たに出会った、本と本屋いう媒介に可能性を見ている人たちとともに、目に見えない「面白い世界」を共有するができるのではないか。

実際の椅子の効用〜「チェアリング」の魅力

「チェアリング」という記事を見つけた。

もう一つの椅子の本屋活動の「これから」

チェアリングという、集まりの目的がない、集まりをやってみる。そこに本はあるかもしれないし、ないかもしれない。
古本市にあまり出店しなくなるかもしれない。新刊扱いを開始する。
イベント開催はビジョンを大きく変える時期だとおもうので、イベント開催の形を変えていく。
2018年7月末オープン「平井の本棚」リアル本屋への参加。在住地域でのコミュニティ活動にもなり、これまでのイベント開催の経験も生かして何かできたらと思う。

【本屋活動の予定】
吉祥寺カフェトリエにて「映画の楽しみ方講座」申込受付中
6/24(日)13:00-15:00
「このシーン、そういうことだったんだ!」に気がつけると映画はもっと面白い!
定員 6名 料金 ¥2,000(税込:GoodsunCOFFEEのお好きなドリンク一杯込み)
申込·詳細はこちら http://cafetelier.net/category/art
7月末〜 平井の本棚オープン(Twitter: @hirai_hondana)、リアル本屋にてイベントなど開催
8月25日(日)16:00~ 西千葉古本市、夜の古本市に出店 

「本のあるトコ研究室」講座の前編·後編へ参加

2018年4月27日・5月11日に、間借り本屋としてお世話になっている吉祥寺のカフェトリエで開催された「本のあるトコ研究室」講座の前編·後編へ参加しました。
この講座は間借り本屋仲間である、本屋Sumikaさんによる講座。内容は、もともとsumikaさんが取り組んだ本に関する卒業論文がもとになっています(詳しくはこちら)。
講座タイトルにある「本のあるトコ」とは、本屋や図書館のように、明らかに本を取り扱っている場所ではなく、街の中のお店やさん等で、本を置いているところをリサーチし、そこでどのように本という存在が機能しているのかについて研究していくというもの。なんらかの明白な理由なくとも、そこに本がある限り、お話を伺いに行き、集めたレポートを元に、本のあるトコの特徴をあげ分類などをします。

前編(4月27日)は開催場所である吉祥寺の本のあるトコ2箇所でインタビュー。
調査の様子をSNSでアップすることも研究員に課せられています(笑)

こちらはharenariというお酒とお食事を楽しむお店。

こちらは四歩というお食事と古道具と日用品のお店。

後編(5月11日)では各々研究レポートを元に各場所の「あだ名」会議。研究してる感満載でした!

講座で研究目的と研究方法をインストールした、私(もう一つの椅子)を含めた0期生はヒヨッコ研究員ながら今後も研究を継続します!
新規の研究生も講座ごとに募集されそうですので、一緒に研究しませんか?

各自研究レポートはカフェトリエで展示されているそうです!調査に同じ店を訪問したのですが、各研究員ごとにまとめ方が違うのも面白かったので、カフェトリエの日替りコーヒー屋を楽しみつつ、ぜひご覧ください。

本のあるトコ研究室の講座についてはこちらから

「もう一つの椅子」も6月にカフェトリエで映画に関する講座開催予定です。お楽しみに。

【江戸川区平井】「平井の本棚」平井で期間限定古本市がオープン(2018年2月17日〜3月17日まで)

江戸川区平井で2018年2月17日から一ヶ月限定古本市・間借り本屋が始まりました。その名も「平井の本棚」
場所は、平井駅北口徒歩1分。今までメロンパン屋さんが入っていた店舗の場所です。

古本は文京区本駒込「Books 青いカバ」さんが用意した1000冊ほど。100〜200円均一の本を多く取り揃えておりお買い得感があります。
加えて「一箱古本市・間借り本屋店主」と呼ばれる約10の個人店主が用意した古本(新刊もあります)の個別の棚があります。
平井在住の一箱古本市店主・川原さえこによる「もう一つの椅子」も3月1日より出店予定です。

「平井の本棚」
期間:2018年2月17日(土)〜3月17日(土)
営業日:月・水・木・土・日
営業時間:10時〜20時の間で日程により変則的。
古本市出店の店主さんが交代で店番のため、急な変更や、店主不在の時間帯もあるので、上記も変更あるかもしれません。
ご近所の方は駅近なので今お店空いてるかな?って感じで覗いてみてくれたらと思います。
営業日・営業時間の確認など古本市に関する最新情報は、平井の本棚ツイッターをご覧ください。

店内には平井の老舗「金太郎煎餅」も少数ながら置いてあり購入できますよ!
また期間中、各店主さんが企画した読書会や俳句会などが開催されます。
すでに決まっている「ソクラテスと亀」さんによる読書会日程はこちら。
3/3 平井で眠たい読書会① チェーホフ『ねむい』
3/3 平井で眠たい読書会② 村上春樹『ねむり』

このところ、町から主要本屋さんが消えて寂しかった平井。
好評なら期間が伸びるか、再度開催もあるかもしれないそうです。期間中、ぜひ足を運んでみてください。

【2018年2月3日〜3月20日】吉祥寺カフェトリエにて間借り本屋店主になりました

「もう一つの椅子」という屋号で本屋活動をしています。

吉祥寺のカフェトリエにて、2月3日〜3月20日まで、私の選書した古本を販売しております。ゆっくりコーヒー飲みがてらご覧になっていただければ嬉しいです。本のラインナップは時々入れ替える予定です。

選書テーマは、〈あなたの心の居場所となるような「椅子」〉をイメージして、食・暮らし・旅の本を主に選書しています。一見バラバラに見えますが、そっと、誰かの心の淵に触れるような世界になるよう意識しています。

店番会と称して、期間中私も店にいる日(本の解説とNYを楽しむためのプチ講座を開くかも)があるので、日程決まりましたらおしらせしますね。

【追記:店番の日程はこちらです】
2月16日(金)15時〜18時
3月10日(土)14時〜17時

さて、こちらのカフェが面白いのは、曜日替わりでコーヒーやの店主が代わること。
カフェトリエ
http://cafetelier.net/
日替わり店主を楽しみつつ、ゆっくりしにきてくださいね。子連れも大丈夫な空間です。
「やってみる」を大切に講座を開催していて、間借り本屋も講座の一環です。

私の本に関する活動は、ツイッターで随時更新しています。Follow me!
https://twitter.com/Hirailbs

本屋屋号:もう一つの椅子

本屋同行&本屋ツアーwith Points of You:いつもと違うアプローチから本探し〜モニター1人目の感想

日頃は、アマゾン等ネットショッピングで欲しい本のタイトルだけ入力し、買っているあなた。
偶然の出会いから普段なら手に取らないような本を探してみませんか? 
写真のコーチングゲーム・Points of Youを使って、潜在意識からあなたが本当に欲しい本と出会うためのキーワードを引き出します。

アマゾン等では「この商品を買った人はこんな商品も買っています」と表示され、関連する本や、自分では見つけなかった本を知ることができます。
一方でPoints of Youでの本探しは、ネット検索で出てこない、あなたの内観から届くキーワードです。

先日、お一人目のモニターさんの本屋同行を実施!
Points of Youでの写真の解釈を楽しんでいただき、そこに基づいて書店で本探し。
日頃はお仕事に関する専門書を読み、本屋に行くことはほとんどないそうですが、「普段読まないジャンルの本を読んでみたいけど探し方がわからない」と、参加してくれました。

「キーワード検索で本を探す。ということが新鮮でした。」「自分にあった本を探すことを楽しみたい」とのご感想をいただきました。

写真から出てきたキーワードを、ご自身で感じている現在の課題と結びつけるのですが、Points of Youを通して出てくるイメージや言葉は、お互いに「リフレクション(反映)」するのが特徴です。グループでのお申し込みだと気づきも広がるので、グループ(割引あり)でのご参加もオススメです。

普段、本と縁遠い方にこそ、今までと違った本との付き合いや楽しみ方に触れられると思います。
また、本が好きな方も、決まりきった自分の本の探し方から離れる機会に、コーチングゲームPoints of Youと本の組み合わせを楽しむきっかけに、お申し込みいただけたら嬉しいです。

2017年10月〜11月、モニター受付中です。
料金:¥5,000:事前のクレジット決済(当日カフェでの飲食代はご自身でお支払いください)
私から継続英語レッスンを受けている方、2~3名のグループ申し込みは一人当たり¥4,000。
場所は東京都内。
詳細は、こちら。申し込みは川原さえこFBメッセンジャーまたはこちらの申込フォームまで。

【コーチングゲーム Points of You】カードの「表引き」と「裏引き」はどう使い分ける?

本屋同行サービス&本屋ツアーwithコーチングゲームPoints of Youのお試しモニター募集

時に「歩く百科事典」と呼ばれる知識探求家・川原さえこの、本屋同行サービス&本屋ツアーwith コーチングゲームPoints of You(東京都内)のお試しモニター募集。モニター期間は読書の秋、10月−11月に5名様です!

本屋に行ってどうやって本を探す?どうやって本棚を見る?というのも一つの技術。
自分の中に判断材料がないと、出会うべき本を選べない。もったいない!

最近は、お洋服の買い物同行があります。
洋服選びで、買い物同行してもらうと、自分に似合うものや今まで気がつかなかった視点で自分発見ができます。

同じように、本選びの買い物同行にチャレンジしてみませんか?
ランダムな本との出会いで自己発見。本屋の使い方を知って楽しみましょう。思いがけないアプローチからの「自分では見つけられない本との出会い」を期待してください(本屋さんでの本の購入は任意です)

内容:
1.カフェ・公園などでコーチングゲームPoints of Youを使って「あなたのための本・本屋探し」に必要なイメージをカウンセリング。(1h) 
2.本屋に行って本探し:本屋の特徴、本棚の見方、本の探し方などお話ししながら、本の世界を共に探求しましょう。(1h30min)
3.カフェなどで、振り返りの時間を取ります。(30min)

「子育てに効く本は?」など悩み解決の本を探したいあなた。
大切な人に本をプレゼントしたいあなた。
「本との付き合い方を知りたい」もしくは「自分の視点だけでは探さないような本を見つけてみたい」「今の自分の転機になりそうな本を探したい」なんて方におすすめです。
具体的なジャンル指定の本(例えば、どの旅行ガイドを選ぶか、英語学習本や保育士試験対策には?など)が川原の持っている知恵を借りたい場合もご相談ください。その際は・メリット・デメリットがありますので、下記をご参照ください。

料金:¥5,000(カフェでの飲食代はご自身でお支払いください)
私から継続英語レッスンを受けている方、2~3名のグループ申し込みは一人当たり¥4,000。
場所は東京都内。
*本屋を歩いたり、いくつかの場所を巡るので歩きやすい靴・温度調整がしやすい服装でお越しください。
申し込みは川原さえこFBメッセンジャーまたはこちらの申込フォームまで。

元文系研究者で、芸能情報から政治までゆる〜く、ざっくり、幅広く、おしゃべりできる川原です。
得意分野は、旅・料理・語学・ジェンダー・女性学・LGBT・保育・教育・文学・映画・社会学・サブカルチャーなど。他にもあれこれ詳しい事柄があるかも?なのでお問い合わせください。

このサービスのデメリット:苦手分野があります。
車・バイク・スポーツ・ギャンブル・科学・理数系全般、経済学・経営学・エロ系。これらは私はご案内できません!あと、元研究者の割に、あまり一つ所に深い知識はないのが弱点だと思っています。

どちらかというと、探したい本探しの知恵や、コーチングゲームによってもたらされる、思いがけないアプローチからの「自分では見つけられない本との出会い」を期待してください(本屋さんでの本の購入は任意です)

「変化」とは、劇的なものとは限らない〜「変身・変化」にまつわる本を題材にアイデアや経験をシェアするライトニングトーク会開催します

春は環境が変わって新しいことを始める季節。
これまでの自分のファッション、持ち物、ライフスタイルの見直しに取り組み、装いも新たに、次のステージに進む変身や変化のときを迎えている方もいるのではないでしょうか?

「変化」や「変身」というと、180度違う自分になる、とかだめな自分を思い切って変えた!なんて、思い浮かぶかもしれません。
でも、人って、決意して変わるときより、いつの間にか予想もしてない場所にたどり着いてたなぁって、振り返って気がつく小さな変化の連続なのかも。
「私の毎日代わり映えないしなぁ」「変わらなきゃって思うけど、何もしてない」というあなたも、5年前に見ていた景色、感じていた思いは、今ちょっぴり違うかもしれません。
試しに、昔好きだった本や映画を引っ張り出してみてください。前は気が付かなかった主人公の親の気持ちとかセリフが痛いほどわかるようになってたりします。
「変わった」も「変わらない」も、あなただけのストーリー。話したり聞きに来たりしてくださいね~(^^♪

【本のライトニングトーク会】を開催します。
テーマにそった本を題材にアイデアや経験をシェアするライトニングトーク
今回のテーマは「変身・変化」
・おススメの本(作品)について語りたい
・短く、わかりやすく伝えるプレゼンの練習をしたい
・考えや経験をシェアして学びたい
話したい人、聞きたい人を募集します。

あなたが、「変身・変化」をするのに、役に立った本、バイブルとなった本、これから挑戦してみたい「変身・変化」を後押ししてくれる本、「変身・変化」を描いた好きな作品などぜひご紹介ください。

テーマの解釈、アプローチは自由です。あなたの思う「変身・変化」をテーマにした本でライトニングトークをしてみませんか?

日時:2017年5月12日(金)19時ー21時
場所:千葉コワーキングスペース201(JR千葉駅西口徒歩3分)
参加費:1000円(コワーキングスペース利用料・フリードリンク付)
持ち物:話したい人はテーマに沿った本または資料になるものをお持ちください(なくてもOK)。プレゼン時間は一人5分を目安に準備してください。プレゼンには、パワーポイントなどを使いプロジェクターで説明することもできます(PC等は持参して下さい)。
参加申込方法:Facebookイベントページの参加ボタンを押すだけでOKです。招待なしでもきになる方はお気軽にご参加ください。
FB以外は、千葉コワーキングスペース201またはsaeko@bucyou.netまで参加者のお名前、人数をおしらせください。

『LIFE SHIFT:100年時代の人生戦略』〜有形資産・無形資産の簡易診断で人生100年に向けた資産形成の現状確認をしよう

『LIFE SHIFT:100年時代の人生戦略』
2016年10月に日本語訳が発売され、だいぶ話題となり読んだ人も多いかと思います。またこの本を使って読書会を開いている人も私の周りには多く、知ってる限り5つぐらいあります。私も、そのうちの一つに参加し、Facebookコミュニティーで「ライフシフト」な情報交換を続けています。

その中で、繰り返し説かれているのは、「有形資産」と「無形資産」をバランスよく、100年ある寿命を見据えた長期的視点で築くことの重要さ。
著者リンダ・グラットンらのグループは、とりわけ人生100年時代に必要とされる「無形資産」をどのように築いていくか継続的に調査しているそうです。
『ライフ・シフト』の公式サイトにて、「有形資産/無形資産」をどのくらい築いているかの簡易診断(http://www.100yearlife.com/diagnostic/)ができます(英語・かかる時間は5分ほど)。どの資産を伸ばしていくと良いかの判断材料になりそうです。

「有形資産/無形資産」の簡易診断
早速、私も診断!
年齢範囲、性別、国を設定して、いくつかの質問に答えていきます。
診断内容は、無形資産である「生産性資産」「活力資産」「変身資産」の3つと「有形資産」のスコアが0−5までのスコアで表示され、「構築している」<「維持している」<「枯渇している」の三段階で評価されます。

私の結果はこちら!
無形資産のうち
「生産性資産」4.57/5ー構築している
「活力資産」4.22/5ー構築している
「変身資産」4/5ー維持している
有形資産ー2.67/5ー枯渇している

圧倒的な有形資産の不足。
本を読みながら、十分予測していた通りの結果ではあるのですが、数値で見ると、せめてスコア3はいっておきたい。
診断の解説には、その資産を上げるための問いも記されてあるので、自分に問いかけながら、日々足りないところを磨いていきたいと思いました。

また、スコアとしては全体的に高い無形資産ですが(ポジティブな性格が影響?)、「変身資産」はまだ「維持」で意外な感じ。もっと冒険してもいいのかな?!

活力資産でいうと、本書では、仕事中の休憩の取り方が、長期的な健康に影響してくるという考えに基づいており、結果に反映してくるのではないでしょうか。私も、PC作業中、こまめな休憩・休息をもっと心がけなければ!

改めて気が付いたのは「無形資産」の伸びしろは無限だということ。スコアとしてはほぼ5を示していても、これを追求することに終わりはないし、終わると思っていては、きっと「枯渇」へ評価は落ちていってしまうでしょう。「無形資産」を築く努力は人生の豊かさを追求し続ける人間らしい生き方ともいえますね。

一方で、「無形資産」を優先させたいために、「有形資産」を犠牲にしてきてしまっているのが私の現状。

長時間労働だと会社のみで人間関係が成立してしまう(窮屈!)、お金は得られるが健康に問題が出る(たった4年間のフルタイム時代で、帯状疱疹、うつ病、肺炎2回と年1ペースで1ヶ月以上仕事を離脱する病気)、趣味や次のステップのためのスキルアップに時間が取れない(ストレス!)、故にフルタイム労働には向いていないと判断して「ステップダウン」を選択。
また若い時に、勉学優先して、仕事の適切なキャリアを積んでこなかったために計画的な有形資産を築く機会を失っている、ちょっと取り返せない実情も(笑)今ある無形資産への努力が、何らかの有形資産につながっていくことを期待です。そのためにもここ数年で得てきた生産性資産のアウトプットを増やしたいところ。

これまでフルタイムである程度の有形資産を築いている方で、もし長時間労働などが「無形資産」を阻害する要因になっているのであれば、働き方の多様化や活力資産を上げるための施作が進めば、多くの人にとって両者のバランスが取れる理想の形を見いだすことができるのではないかと思います。

簡易な診断でありますが、現状確認や現状への問いに、100年人生の長期的視点で「資産」を築くきっかけに、使ってみるのもよさそうです。

*『LIFE SHIFT』要旨
1.平均寿命が伸びて、これからは人生100年時代になる。
2.「教育」→「仕事」→「老後」の三段階のライフステージが通用しにくくなり、人は生涯を通じてマルチステージで生きるようになる。
3.教育機会や働き方の多様化が必須となり、それに対応した「有形資産(収入・貯蓄・年金の長期的計画)」と「無形資産(生産性資産:スキルや知識の向上・活力資産:心身の健康・変身資産:変化に対応する能力)」を築く必要がある。