最新のポスト

【コーチングゲーム Points of You】個人でも親子でもビジネスのチームでも、直観的にアレンジして使えるツール

Points of Youとは?
Points of You®は、イスラエルのYaron GolanとEfrat Shaniによって2006年に始まりました。二人は、「新しい視点を見出すことを促進するためのツール」として開発。ゲームの名前、Points of Youは、Point of view(「視点」)からとった造語。あなたの、そしてあなたたちのものの見方は、一つではなくそれぞれに存在し、どれも自由であるという意味合いが込められているようです。
150カ国以上、19の言語に翻訳されて世界中に広がっています。海外企業ではGoogle, AMEX, IKEA, シルク・ド・ソレイユなど多数の企業や団体がPoints of Youを導入しています。
ビジネス現場ではチームビルディング研修、コミュニケーション促進や、気軽なアイデア出しまで幅広い活用ができます。例えば、チームミーティングで軽く一枚引いて、そこから顧客イメージを膨らませ、顧客理解やチームのミッションを合わせるのに使ったり、使い方はいろいろできそうです。

写真右の白い布は「コーチングゲーム」
写真左のデニム布はコンパクトな「パンクタム」
使われている素材は全て「土に帰る素材」で作ってあり、布は刑務所の職業訓練施設に頼んで作っているため、布の仕立てをよく見ると一つ一つ味のある仕上がりです。

「コーチングゲーム」は、写真とことばが載ったカードが65枚とレイアウトチャート、各カードに対応したストーリーと問いかけが載ったBookなどのアイテムがあります。
「パンクタム」には、写真とことば、質問のカードが33枚ずつ入っています。
どちらか片方で使うことも、アイテムを組み合わせて使うことも。Points of You以外のツール(たとえばコーチングセッション、他のゲームやオラクルガードなど)との組み合わせで目的に合わせた効果を狙うこともできます。
直観的にアレンジして使えるのがPoints of Youの魅力です。

Points of Youってどんなもの?実際にカードを触ってみたいあなたのための体験会はこちらです[募集終了]
Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会
9/10(日) 14:00〜16:30 http://www.facebook.com/events/348973995524152/
9/14(木)13:00-15:00 https://chiba-coworking.com/千葉コワーキングスペース201

https://www.facebook.com/events/257564921421774/
申し込みフォームから申し込むー

その他のメニュー
企業向けのチームビルディングゲーム、子ども向けには、Peace Firstの提供するコミュニケーションゲームと組み合わせて、自己理解・他者理解、アイデアの拡散に使ってみませんか?「こども、親子向けのワークショップに使ってみたい」など、ご要望に合わせてプログラムを組みます。お気軽にお問い合わせください。

2017.8.30「発酵文化人類学出版記念 パントーク!パンをめぐる発酵文化人類学」イベントに参加

2017.8.30 発酵文化人類学出版記念 パントーク!パンをめぐる発酵文化人類学
小倉ヒラク(発酵デザイナー)×梶晶子(天然酵母パンのHappy Deli)
会場:西荻窪Happy Deli

「人類は何でカロリーを得てきたのか」「キリストのワインとパンが意味するもの」の話から始まった発酵とパンのお話し。
ひとつところに針が振り切れた変態、じゃなかった天才のお話しがワタクシ大好物。
マニアックな話だけじゃなくて文化や歴史を包括する視点で、冒頭の話題からワクワクして、メモが止まらなくなる、幸せ。

イベント後半は、パンとパンに合うお料理タイム。
Happy Deli梶さんによる5種類の発酵ダネを使ったパンと、天才発酵料理人・森本桃世さんの料理の掛け合わせが美味しくない訳はない! 発酵のうま味で食べた瞬間はもちろん、香りや深みある味があとから追いかけてくる感じです。乳酸菌発酵料理、すごいです。

パンの発酵種は以下の5つ。
1.酒種
2.楽健寺種:りんご、人参、長いも、米、砂糖
3.ルバン種
4.パネトーネ(ルバン種で、イタリアのコモ湖周辺のものが日本でそう呼ばれている)
5.ライサワー:ライ麦

発酵種も舐めさせてもらったけど、粘りとか香りとかそれぞれの特徴が出ていて、面白かったです。

パンの発酵のこともはじめて詳しく聞けたし、「発酵」をトビラに、食の根源を歴史と文化、民俗学的に旅する時間となりました。

小倉ヒラクさんの発酵を巡る探求『発酵文化人類学:微生物から見た社会のカタチ』。ぜひお手にとってみてください。

【千葉 2017年9月14日】コーチングゲームPoints of You~視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会

Points of Youはイスラエル発祥の写真を使うコーチングゲーム。
Points of Youワークショップで、自分の内側の想いや望みを引き出し、進みたいステップへ行動を決める!そんな自分に出会ってみませんか?

65枚の写真からあなた自身を反映する一枚が見つかります。自分の内側から、自分の想いや自分の解決したいことが引き出させるので、自分を知る、相手を知るのに適したゲームです。

*言葉にならない日頃のイライラやモヤモヤを取り出したいあなた
*夫やこども、同僚・上司など他者との「視点の違い」を自然と受け入れられるようになりたいあなた
*自分の心の内側から思っていること・やりたいことを見つけ、納得して日々を進みたいあなた

もちろん、Points of Youの写真がなんだか気になる!だけでもオッケーです。お気軽にカードに触れて、コーチングゲームを体感しにしてください。

体験会[募集終了]
料金 一人¥3,000(税込)*フリードリンク付きスペース利用料込
場所:千葉コワーキングスペース201
https://chiba-coworking.com/
日時:9/14(木) 13:00〜15:00(所要時間目安 2時間程度)
定員:4名程度

申し込みは、FBのイベントページの「参加ボタン」を押してください。
FB外はこちらの申し込みフォーム、または201へお問い合わせください。

【Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会】
1. 直感で気になったカードを使った自己紹介とPoints of Youについて
2. Points of Youワークショップ
視点を変える、イメージを広げる、自由な解釈を体験します
3.レイアウトチャートを使ったペアワーク
心の底に触れる自己洞察で、次のステップを描こう
(ガイドがあるので、コーチングゲームが初めてという方でも大丈夫です)
4.振り返り

Points of You認定エバンジェリスト・川原さえこプロフィール
プライベート英語講師、フリーランス保育士。
千葉コワーキングスペース201では本のライトニングトーク会、旅のトークイベントなどを定期開催。
趣味はボードゲーム。大学院にて心理学などを使った映画分析をしていたため、大好きなゲームとイメージの解釈を組み合わせたPoints of Youで、あなたの「視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる」をサポートをしたいと思います。体験会のほか、個別セッション、子ども向けワークショップのお問い合わせを受け付けています。お問い合わせ・申し込みフォームはこちらです。

ロボットの世界大会に日本の高校生がチャレンジ中:「ロボット以上の何か」を得てほしい ~プロジェクトを遂行するための力を実地でつけていく若者支援プログラム~

ロボットの世界大会に日本の高校生がチャレンジ中

千葉を拠点にする日本の高校生チーム「SAKURA Tempesta‏」が、ロボットの世界大会・FRC(FIRST Robotics Competition)に参加するチャレンジ中です。
子どものためのプログラミング道場・Coder Dojo Chibaで道場主をする当研究所の所長がメンターの一人としてこのプロジェクトに関わっています。
高校生たちを支援するメンターたちで、約$600の大会参加費と諸経費を賄うためのクラウドファンディングをまもなく開始します。CAMPFIREにて・期間 9月1日~約2ヶ月間を予定】

開始しました! 支援ページはこちら https://camp-fire.jp/projects/view/42097

世界大会主催者の「FIRST」とは?

このロボット世界大会の主催者は、FIRSTというアメリカのNPO団体です。
この団体のミッションは、将来テクノロジー分野でリーダーやイノベーターとなる若者を支援することです。
提供するプログラムを通して、テクノロジーのスキルだけでなく、自信をつけることや、コミュニケーション能力やリーダーシップをとる力などを含む幅広いライフスキルを身につけることを意図しています。

彼らの主催するロボット大会は、「ロボット技術を競うこと」や「ロボット大会を楽しむ」だけではないのです。
参加するプロセスそのものがプロジェクト遂行に必要なステップを経験させる仕組みとして機能しているのが特徴です。

「FIRST is more than Robots」のキャッチコピーからわかること

大会の主催者「FIRST」が参加対象である中・高生に経験させたいことは、プロジェクトを実施するための「道のり全て」です。
この団体のキャッチコピーは「FIRST is more than Robots」
つまり「ロボット以上の何か」を中高生に経験させるための仕組みがよくできており、それが重要なのです。
その仕組みとは、
1.大会に参加するためのステップが明示されている(参照
2.そのステップを通して、将来の仕事に必要なスキルとリーダシップのあり方が経験できる
ことにあります。

若者支援の側面が大きいので、参加者する中高生は技術的なことに詳しくなくても歓迎されます。むしろ、ロボット大会の参加を通して、「適切なメンターを見つける」、「チームで協働する」、「周りを巻き込む力」、「資金の獲得」、「技術力を上げていく工夫」など、プロジェクトを遂行するための力を実地でつけていくことに意義があります。

それらを説明した動画はこちら:

「この大会を通して中高生に何を経験させたいか」を応援してください

支援ページはこちら
高校生にとって、同じ目標にチャレンジする世界中の同世代と出会うことは、大きな刺激になるでしょう。多感な時期に、多様な仲間を知る体験をプレゼントすることは、小さな世界平和の種を蒔くことと同じだと私は感じます。世界大会の雰囲気を肌で感じることは、高校生たちがテクノロジー分野でグローバルに活躍する将来を描くきっかけになるでしょう。

そして、チャレンジの成功だけがゴールではなく、この実践的なチャレンジの過程を一つ一つ振り返れば、リーダーシップに重要な要素が含まれていることに気がつき、将来の糧になるはずです。

アメリカ留学中に参加したFRCの大会に「日本から自分でチームを作って参加したい」という想いを持った女子高生がこのプロジェクトのリーダーです。ロボットの技術力もまだまだ、プロジェクトの遂行も経験したことのない高校生たちです。

チャレンジを通した様々なステップは、日本で教育を受けているだけではなかなか経験できない部分です。
たくさんの経験や実績を得るためには小さな一歩から。
自ら外に出て、視野を広げる行動を始めた彼女たちを私は応援したいと思います。

クラウドファンディングページはこちら
一緒にチャレンジに参加したい中学3年生〜高校生のチームメンバー、企業などの支援・スポンサーなどまだまだ募集しているそうです。
チームのtwitterは@FRC_Chiba

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現8】nailed it!

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現8】
nailed it!

うまくいった!やった!やってのけた!という時の表現です。
字義通りだと、nailed it で「釘を打った」
釘がキレイに打てたら、気持ちいいし、やったね、出来た!と感じるかも。新しい単語や表現の暗記は難しいですが、記憶の方法には、ダジャレを使ったり、似たイメージと紐づけて、覚えるという方法があります。イメージを広げて、自分なりに工夫して覚えられるといいですね。

Youtubeだと”〜Challenge”と題して、いろんなことに挑戦する企画の動画は多く、
私がよく見かけるのは、”My boyfriend does my makeup(普段メイクをしなれない男性が女性にメイクをする)””No mirror makeup(鏡を見ないでメイクする)”などの”Makeup Challenge”企画。
そんな時に、Nailed it!がよく使われてます。
“I think I nailed it” 何か成功した時だけでなく、全くうまくいかなかった時にも、皮肉で言うこともできます(表情や言い方で使い分け)。 

via GIPHY

【コーチングゲーム Points of You】「勘違い」が自分を知るヒントになる

Points of You:「目標:Goal」

あなたはどこに向かっているのでしょう?
このレースは始まったばかり?もうすぐゴール?まだ道半分でしょうか?
集中していますか?周りが気になりますか?
楽しんでいますか?苦しいですか?
あなたはこのレースに参加すべきだったのでしょうか?参加したかったのでしょうか?
あなたは今、何に夢中になっていますか?

同じカードでも違う日に見れば、違う人が見れば、異なる「何か」が浮かび上がってくるのがPoints of Youの面白いところ。写真に写ったものについて見間違いをすることもあります。それも間違いではありません。違って見えたのはなぜ?を考えると、より深く自身と繋がります。

Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会
8/26(土) 10:00〜12:30  www.facebook.com/events/156149798295932/
9/10(日) 14:00〜16:30 www.facebook.com/events/348973995524152/

Points of Youは映画分析と似ている?

私は大学で映画分析を勉強していました。映画学の授業では、映像の解釈をするときに、画面に写っているイメージの細かい所までにとことん注意を払うことを学びました。

「何が写っているか」「何が見えているか」「どんな印象を受けたのか」が映画のストーリーや映画が作られた時代の社会背景や文化背景と密接に繋がって表現されている。それを読み解くのが映画の分析の価値の一つ。

ある学生が写っているものを勘違いして解釈したことがあったのですが、先生は「勘違いを引き起こした理由は何か」を考えることも大切と伝えていました。「その映像があなたにもたらした何か」が分析のトピックに十分なるからです。

映画分析は、「自分が得た印象」=言葉にならないの直感をいかに説得力をもって、時代背景や言葉と結びつけれられるか。その映画がその時代に生まれた私たちに与える影響、作り手の意図を超えた、その映画の意味を広げます。

そのためには、映画がどのように撮られているかという映画の撮り方の技法の知識で分析を補いますし、独りよがりにならないために文化や文学や映画以外の学問の知識が必要です。

「勘違い」が自分を知るヒントになる

いっぽう、Points of Youを体験するのに知識は一切不要です。たくさん勘違いしてOK!そこをヒントにゲームとしてさらに楽しめます!

「何が写っているか」「何が見えているか」「どんな印象を受けたのか」を探っていき、それを言葉カードや質問カードを使ってあなた自身のテーマとつなげます。映画分析をしていた私が、その知識を活かして写真から何を感じたか、あなたをサポートするのに少しは役立つかもしれません。

体験会のお知らせ

イメージに反映された自分を知るツールとして、Points of Youを体験してみませんか?

Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会(2~8名)
所要時間目安 2時間~2時間半
料金 一人¥3,000(税込)
場所:東京都内(銀座・品川あたり:未定)
*申込者に前日までに詳細を送ります。

体験会日時:申し込みはFacebookイベントページをご覧ください。
8/26(土) 10:00〜12:30  www.facebook.com/events/156149798295932/
9/10(日) 14:00〜16:30 www.facebook.com/events/348973995524152/
Facebook外からのお申し込みは、saeko@bucyou.netにお名前、希望日程、どこでイベントを知ったかを記入してメールしてください。

【コーチングゲーム Points of You】カードの「表引き」と「裏引き」はどう使い分ける?

Points of You認定エバンジェリスト・川原さえこです。
Points of Youは写真を使ったカードのコーチングゲーム。カードを引くときには、「表引き」と「裏引き」をそれぞれ使います。

「表引き」とは写真をみながら気になったものを選ぶ方法。

「裏引き」とは写真を裏返して見えない状態で、カードをランダムに選ぶ方法。

どちらで選んだとしても、私は「今のあなた」の反映としてとらえます。

じゃあ、どんなときに「表引き」にして、どんなときに「裏引き」を使うかというと・・・あなたの自由!

私の場合、自分の中に「引っかかり」があるものを選び、そこから洞察したいなら「表引き」。「今こう思ってる」「こうしたい」というヴィジョンが見えているときにも、その気分にあうカードを表引きで探すことができます。

反対に、なんだかモヤモヤしてる、今自分で把握している「ヴィジョン」とは違う視点を得たい、現状突破したい、予期せぬカードから今の状況を発展させたい、みないふりしてることと向き合いたい。そんな場合は「裏引き」がいいんじゃないかなーと個人的には思います。

写真は私のオンライン版を使ったセルフセッション。
左から、「裏引き」、「表引き」、「裏引き」
3枚目は正直いって、表引きにしてても選んでたカード(笑)出るべきものが出る!って感じですが、初めはピンとこなくても、カードの細かい部分まで読み解いたり、質問カードや言葉を使いながら写真と向き合うと、納得感のある答えとアクションが見えてきます。

Points of You認定エバンジェリストとして初めての体験会を開きます。詳しくはFBのイベントページでご覧ください。
8月26日(土)10:00-12:30 Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会
www.facebook.com/events/156149798295932/

9月10日(日)14:00-16:30 Points of You〜視点を変える・イメージを広げる・自分と繋がる〜体験会
www.facebook.com/events/348973995524152/

【ご当地ヨーグルト】会津の雪 ソフトクリーミィヨーグルト いちご

ご当地ヨーグルトが好きです。
旅先では必ずスーパーに行くのですが、なるべくその土地でしか取り扱っていないヨーグルトや飲むヨーグルトを買うのが好きです。乳製品なので、持ち帰るお土産にしにくいですし、慣れない土地でお腹の調子を整えるのに、その土地のもので整えるのは理にかなっている気がします。パッケージもおしゃれなものよりは素朴なものが多いところも愛おしい。

東京ですと、各都道府県のアンテナショップや、地方の商品の取り扱いのあるスーパーなどで時々買うのが私の小さな贅沢!

そんなわけで、「会津の雪 ソフトクリーミィヨーグルト いちご」をご紹介します。
パッケージの目につくところ2箇所に「よく振ってお飲みください」とあったので、「きっと飲みにくいんだな〜」と思ったら、販売元の会津中央乳業HPの解説に、「飲みにくいほど濃厚な飲むヨーグルトです。よ~く振ってお召し上がりください。」とあります。飲みにくさ推し!?
多分、付属のストローが心もとないくらい細いせいもあると思いますが(笑)そういう不完全さもツボです。定価も108円。「福島八重洲観光交流館」(東京駅八重洲口徒歩3分)に立ち寄り、賞味期限直前ということで30%オフだったので、76円!とさらにお安く買えました。

味ですが、一口目は、そう飲みにくくないし味にも特徴があるわけではないかなーと思ったのですが、ぬるくなるに連れて、どんどんと詰まって飲みにくくなる一方、味にまろやかさが出てきて、「お、これはまたちょっと飲みたいぞ?」という気になりました。
お手頃価格だし、またアンテナショップの前を通る時にはつい買ってしまいそうです。

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現7】Giveaway/give away

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現7】Giveaway/give away

1万円以上お買い上げの方に、〜〜をプレゼントとか、この記事をシェアした人の中から5名に〜〜の無料チケットを上げます、などなど。広告キャンペーンでよく使われる表現です。
giveは与える・awayは去る =与えて去る=あげる=プレゼントといった感じで覚えました。
動詞の形で「give away」ですが、 「giveaway」とひとまとまりの名詞としても使われます。

動詞の例:

To celebrate the return of the sun, I am giving away 5 entry tickets with wristbands to Tayto Park where you can make a splash on the new Viking Voyage.Just comment below on who you would bring with you! Winner will be picked tomorrow at 12pm!

名詞の例:

“Playbill ClubSEATS, the New Monthly Broadway Ticket Giveaway Brought to You By Playbill Discount Club”

http://www.playbill.com/clubseats

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現6】Stunning

【教科書にはあまり出てこないinstagram/ニュースサイトの英語表現6】Stunning

日本語訳を出せばすぐにわかるのですが、ニュアンスをつかむのに試してもらいたいのが、英語を英語の辞書で調べることです。
Googleで「Stunning 英語」と打てば、わからない単語の日本語訳は出て来ますが、「Stunning meaning」と検索して、英語で英語を掴むと言葉のイメージが広がりやすいです。

stunning-extremely impressive or attractive.
目を見張るような美しいドレス、景色、魅力的な人の佇まいなどに対して使われることが多いです。
以下のyoutubeの30秒前後に、They are stunning.が使われています。
“She also creates multi-color designs and they’re stunning.”
音声のない動画では、字幕を一語一句読み取ったり、逐語訳をするのではなく、キーワードを拾い読みするような感覚でみると、素早く意味を瞬間でキャッチする訓練になります。
一度見通した後に、わからなかったところは動画を止めて、字幕を書き写して、文の使い方ごとマスターするのもおすすめです。

There’s Nothing More Calming Than Watching These Cakes Get Glazed | ELLE

川原さえこの英語学習サポートレッスン:知人とご紹介者のみ対象ですが英語レッスンをやっています。
・英語を英語のまま理解し聴いて話すトレーニングをしたいあなた
・日本語英語を卒業して通じやすい英語表現を知りたいあなた
・TOEICスコア(650点~700点代)とスピーキングスキルのギャップに悩むあなた
詳細、ご相談はこちらご参照ください。